FC2ブログ

『奈良県:野迫川村』を紹介します。

第153回目の投稿です。


2016年6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です 
・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを8月10日に公開し『42ヶ月』になりました。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。


全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
          (2018年4月1日統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。


『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にしています。






今回、『奈良県:野迫川村』を紹介します。



野迫川村(のせがわむら)は奈良県の南部西側に位置し、県内では人口の一番少ない自治体です。

村への『アクセス』は山間部に位置する事により多くの道路の道幅が狭く注意が必要なほど困難な状況にあるとの事です。

村に住む人達は、2018年10月1日現在:387人となっています。


さて、その状況の中でも『生活』はある訳です。

ただ、『後継者』の問題もあります。

村人:約400人ほどの年齢割合は『村のホームページ』では解りません・

おそらくは、高齢者の方たちが土地を守っているんでしょう ・・・ 地域的に『限界集落』とされても状況的には、そうでしょう!


ただ、産業としての『ワサビの生産』 ・・・ 『シイタケの栽培』 ・・・ 『あまごの養殖』 ・・・ 『凍り豆腐の生産』 ・・・ 『ほうれん草の生産』

自然を大切に生活を営んでいる『野迫川村の人々』 ・・・ 自然豊かな村での生活は厳しい中にも優しさが感じ取れます。


小さな村でも、見どころは満載

『山あり、谷あり、温泉や歴史ロマンがあります。』

『公式マスコットキャラクタ~』も ・・・ 村役場一同、頑張っています。

ぜひ、『野迫川村』の住民となり、歴史を作っていきませんか?

村役場一同 ・・・ 村の発展のため、『移住相談』を受け付けています。






次回は、『群馬県:南牧村』を紹介します。





『NPO法人日本応援団』としては、『村祭りの復興』を願い『過疎地・限界集落・高齢者問題』を提案し、情報を発信していくという事に専念しています。


まだまだ『無名な集団』ですが、『地位と名誉と名声と金とコネ』 ・・・ 必要なものは、一切ありません。

『来る者は拒まず、去る者は追わず』

あっ、『去る者は追わず』ですが、迷惑でなければ『応援』して行きます。

出来れば、『道順が整ってから』 ・・・ 独立していただければ『応援』のし甲斐がありますけどね!






基本的に前述していますが当、『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。

『長野県北相木村』を紹介します。

第152回目の投稿です。


2016年6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です 
・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを8月10日に公開し『42ヶ月』になりました。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。


全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
          (2018年4月1日統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。


『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にしています。






今回、『長野県北相木村』を紹介します。



地理的位置は、長野県の東側に群馬県上野村と背中合わせにある山の中にあり、流れ出る相木川に沿って集落が集中している。

村の約9割が山林であり、田舎暮らしを実行するためには、北相木村の実情を知る事が先決でしょうか?

北相木村の産業と言えば『林業と農業』 ・・・ 当然のことながら、山の中です。

そして、農地と言っても広大なものはありません。

作物を育てて『自給自足』とは行かない地勢です。

環境が良くても、村外に通勤するのは ・・・ 補助があるからと言って納得できるとは思いません。

『移住』する事については、それなりの覚悟が必要です。

『本末転倒』な移住計画は ・・・ お勧めいたしません。


『北相木村は ・・・ こんなところ』

『ホームページ』では、知りたい事が何も解りません。

どこの村も同じですが ・・・ 『村で暮らす』 ・・・ その生活を書くことは難しい事でもありますが、『村への移住』は『村を見る』という事から始まります。


一番、『村を感じる事』が出来るのは ・・・ 『村祭りへの観光』が宜しいかと思われます。

『バックナンバー』で、村祭りも紹介しました。

『村の実態』を掲載している村も、わずかですが参考までに取り上げました。

『良い事も、悪い事も ・・・ 村社会の実態』 ・・・ ぜひ、参考までに読み返してください。


北相木村も、『村人:1、000人』を割りこんだ過疎地となっています。

『伝統芸能の終落』となってしまう可能性も、いま残していく為の方向へ切り替わっていくようです。

是非、『村祭り』を楽しみながら ・・・ 自分の身の丈にあった『村』を見つけてください。






次回は、『奈良県:野迫川村』を紹介します。





『NPO法人日本応援団』としては、『村祭りの復興』を願い『過疎地・限界集落・高齢者問題』を提案し、情報を発信していくという事に専念しています。


まだまだ『無名な集団』ですが、『地位と名誉と名声と金とコネ』 ・・・ 必要なものは、一切ありません。

『来る者は拒まず、去る者は追わず』

あっ、『去る者は追わず』ですが、迷惑でなければ『応援』して行きます。

出来れば、『道順が整ってから』 ・・・ 独立していただければ『応援』のし甲斐がありますけどね!






基本的に前述していますが当、『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。

『熊本県五木村』を紹介します。

第151回目の投稿です。


2016年6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です 
・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを8月10日に公開し『42ヶ月』になりました。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。


全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
          (2018年4月1日統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。


『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にしています。






今回、お届けするのは、『熊本県五木村』を紹介します。


地理的位置は、熊本県の南部に村全体は九州山地の山岳地帯にあり『標高1000m以上の山』が連なり、深い渓谷の中にある。

『五木の子守歌』に唄われる発祥の村でもある。

村人は『1、108人』(平成30年10月31日現在)

『五木村は、日本一の子守の里』

『移住・定住』の体験談とか『移住サポート』について、クリックして ・・・ ご覧ください。

『移住』と言っても、仕事が無ければ生活をして行く事は出来ません。

まずは、村役場にて、ご相談ください。


五木村での余暇は、大自然への挑戦でしょうか?

まずは『バンジージャンプ』 ・・・ 

大空に羽ばたいてみませんか?


・・・小原の吊り橋・・・

高さ約40mのつり橋です。

その他、大自然の中のアクティビティ―は探し出すだけでも、見どころ満載!

遊びに行ってみませんか?







次回は、『長野県北相木村』を紹介します。





『NPO法人日本応援団』としては、『村祭りの復興』を願い『過疎地・限界集落・高齢者問題』を提案し、情報を発信していくという事に専念しています。


まだまだ『無名な集団』ですが、『地位と名誉と名声と金とコネ』 ・・・ 必要なものは、一切ありません。

『来る者は拒まず、去る者は追わず』

あっ、『去る者は追わず』ですが、迷惑でなければ『応援』して行きます。

出来れば、『道順が整ってから』 ・・・ 独立していただければ『応援』のし甲斐がありますけどね!






基本的に前述していますが当、『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。

『北海道神恵内村』を、紹介します。

第150回目の投稿です。


2016年6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です 
・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを8月10日に公開し『42ヶ月』になりました。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。


全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
          (2018年4月1日統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。


『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にしています。






今回、お届けするのは『北海道神恵内村』です。

神恵内村(かもえないむら)は、北海道の西側にある積丹半島に位置し、海と山に囲まれた『人口:857人・480世帯』の村です。

村の名前の由来は、アイヌ語の「カムイ・ナイ」(美しい神の沢)からきたもので、「地形がけわしく、人が近づきがたい神秘な沢」を意味しています。.(転載)

村での主力産業は漁業です。

『ニシン漁』が主流ですが、村では観光にも力を入れているようで、その素晴らしさは行ってみなければ感じ取ることが出来ないといわれている。

日本海に面しているので北海道の中では比較的に、冬の寒さはそれほどでも無く比較的に暖かい地域であるといわれる。

が、北海道の寒さは、また特別な体感温度である事は記憶したほうが ・・・ ちなみに、長野県よりも寒さが感じられないとの話もあった。

そんな村ですが、『人口減少率:-13.35%』と、1、000人を割りこんでしまいました。

北海道の厳しさもありますが ・・・ 支えていく覚悟の方は『神恵内村役場』まで、ご一報を!

電話 0135-76-5011 FAX 0135-76-5544





『移住・定住促進』を掲げていますが、『田舎暮らし』は生易しいものではありません。

その村に溶け込むには『村のルール』を理解し、村人の『助言』を良く聞く事でしょうか?


今後も、各村の『田舎暮らし』の情報を取り上げていきます。



次回は、『熊本県五木村』を紹介します。





『NPO法人日本応援団』としては、『村祭りの復興』を願い『過疎地・限界集落・高齢者問題』を提案し、情報を発信していくという事に専念しています。


まだまだ『無名な集団』ですが、『地位と名誉と名声と金とコネ』 ・・・ 必要なものは、一切ありません。

『来る者は拒まず、去る者は追わず』

あっ、『去る者は追わず』ですが、迷惑でなければ『応援』して行きます。

出来れば、『道順が整ってから』 ・・・ 独立していただければ『応援』のし甲斐がありますけどね!






基本的に前述していますが当、『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。

『群馬県上野村』を紹介します。

第149回目の投稿です。


2016年6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です 
・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを8月10日に公開し『40ヶ月』になりました。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。


全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
          (2018年4月1日統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。


『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にしています。






今回、お届けするのは『群馬県上野村』です。


あの航空機事故で、覚えていらっしゃる方も多いと思いますが『御巣鷹山』の麓にある『村人:1194人・583世帯』の村です。

地理的位置は、群馬県の最西南端に中央部を流れる神流川沿いに集落が点在しています。

北部は群馬県南牧村に接し、南部は埼玉県秩父市そして西部は長野県に接しています。


村の周辺は、三国連山などの1000mから2000m級の山々に囲まれる状況ですが、交通の便は下仁田インターから約1時間ほど!

観光的には、『天空の橋:上野スカイブリッジ』はお勧めです。



『上野村で暮らす』 ・・・ リンクが貼ってありますのでクリックしてご覧ください。

その中で、『Uターン・Iターン情報』をご覧ください。


上野村の産業は、林業と農業ですが『採用情報』をクリックして、ご覧ください。





『移住・定住促進』を掲げていますが、『田舎暮らし』は生易しいものではありません。

その村に溶け込むには『村のルール』を理解し、村人の『助言』を良く聞く事でしょうか?


今後も、各村の『田舎暮らし』の情報を取り上げていきます。



次回は、『北海道神恵内村』を、紹介します。






『NPO法人日本応援団』としては、『村祭りの復興』を願い『過疎地・限界集落・高齢者問題』を提案し、情報を発信していくという事に専念しています。


まだまだ『無名な集団』ですが、『地位と名誉と名声と金とコネ』 ・・・ 必要なものは、一切ありません。

『来る者は拒まず、去る者は追わず』

あっ、『去る者は追わず』ですが、迷惑でなければ『応援』して行きます。

出来れば、『道順が整ってから』 ・・・ 独立していただければ『応援』のし甲斐がありますけどね!






基本的に前述していますが当、『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。
プロフィール

nippon47ouendan

Author:nippon47ouendan
『NPO法人日本応援団』のブログへようこそ!
大それた名前ですが、『村祭り』を紹介し『地域活性化』に貢献できればと名付けました。」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR