FC2ブログ

増減率『-3.44』の『山梨県:小菅村』を報告します。

第162回目の投稿です。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
          (2018年10月1日統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。

福島県の『飯舘村と葛尾村』は、東日本大震災の『原発事故』の影響により除外をさせていただきます。




『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。

『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にして全国にある『村の活性化』を案内しています。






今回は増減率『-3.44』の『山梨県:小菅村』を報告します。


地理的位置は、山梨県野北東部『丹波山村(たばやまむら)』の南に隣り合わせのようにある自治体ですが、生活圏は東京都に隣接した関係上、大月・甲府方面より近く、また東京都水道局が水源地としている山林もあり奥多摩湖を抜け東京方面への移動が主となっている。

ちなみに、青梅市より『約1時間少し』で行けるという事も『小菅村』の持つ魅力となっている。

村を支えている人口は『726人(2018年10月1日現在)』ですが、推計人口は『701人』となっています。

村の産業としては、1次産業の栽培や養殖業が大半だったが、2次産業・3次産業への移行も始まっている。

都会を離れて、移住する計画には『観光関係』を中心としたサービス業も、これからの選択肢になりそうです。


その観光を取り上げてみれば、『小菅川』 ・・・ ヤマメ・ニジマスなどの『魚釣り』 ・・・ 『自然豊かな温泉』 ・・・ そして、村で採れた食材を使った『田舎料理』 ・・・ 楽しみはたくさんあります。




次回は、増減率『-6.72』の『高知県:北川村』を紹介します。





『NPO法人日本応援団』としては、『村祭りの復興』を願い『過疎地・限界集落・高齢者問題』を提案し、情報を発信していくという事に専念しています。


基本的に前述していますが当、『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。

増減率『-13.87』の『奈良県:上北山村』を紹介します。

第161回目の投稿です。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
          (2018年10月1日統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。

福島県の『飯舘村と葛尾村』は、東日本大震災の『原発事故』の影響により除外をさせていただきます。




『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。

『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にして全国にある『村の活性化』を案内しています。






今回は、『奈良県:上北山村』を紹介します。


地理的位置は、奈良県の南東部にあり、県内では2番目に面積の広い村という事です。

産業としては山間部の為、農地が無く主力としては『林業』と大台ケ原を中心とする『観光業』が中心となっている。

村の人口は、平成30年12月1日現在:505人、世帯数:302世帯

男女比では、平成30年1月1日現在:500人 ・・・ 男性が4人、女性が1人増えています。

村へのアクセスは、村の中央部にある北山川に沿って国道169号線が村を縦断し、村に流入する他の道路は落石や崩落などの自然災害が多く、安全に行く事を考えると、多少回り道となっても迂回することが望ましいとの事。

『上北山村』を知っていただくには ・・・ タイトルをクリック!

『移住・定住』については ・・・ こちらもクリック!


まずは、知っていただくために『観光情報』を、ご覧ください。

『上北山村』の魅力を感じて戴ければ ・・・ 幸いです。





次回は、増減率『-3.44』の『山梨県:小菅村』を紹介します。





『NPO法人日本応援団』としては、『村祭りの復興』を願い『過疎地・限界集落・高齢者問題』を提案し、情報を発信していくという事に専念しています。


基本的に前述していますが当、『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。

『長野県:根羽村』を紹介します

第160回目の投稿です。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
          (2018年10月1日統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。

福島県の『飯舘村と葛尾村』は、東日本大震災の『原発事故』の影響により除外をさせていただきます。




『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。

『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にして全国にある『村の活性化』を案内しています。






今回は、『長野県:根羽村』を紹介します。


地理的位置は長野県の南西部最南端にあり、岐阜県と愛知県に隣接している。

村全体の92%が森林となっていて、村を支えているのは『林業』です。

村の人口は『940人』 ・・・ 2018年10月1日現在:推計人口は890人となっています。

具体的な人数は『村のホームページ』二は掲載されていませんが国勢調査の増減では『-9.25』となっている。

人口減少の歯止めにもならない現状は、どこの村にも共通する。

『根羽村』では、流出人口の歯止めをするのではなく、交流人口を増やすことにより活性化を目指すという理由で『複合施設:ネバーランド』を『1996年』にオープンしました。

かつての根羽村は宿場町でした。
三州街道・伊那16宿の最南端にある根羽宿として、さまざまな人や物の往来で活気に溢れていました。
新しい人や物を受け入れるオープンなマインドは、その時代から変わることなく根羽村にあります。


根羽村では、『移住・定住』に関しての情報はありません。

『交流人口の増加』を推進する事で、『観光誘致』をして行くようです。

そういう意味では、『観光案内』に関する仕事も ・・・ ありそうです。

まずは、知っていただくことが大切な始まりかとも思います。

『根羽村』 ・・・ 興味を持たれた方は、ぜひ『ネバーランド』へ足を、お運びください。





次回は、増減率『-13.87』の『奈良県:上北山村』を紹介します。





『NPO法人日本応援団』としては、『村祭りの復興』を願い『過疎地・限界集落・高齢者問題』を提案し、情報を発信していくという事に専念しています。


基本的に前述していますが当、『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。

『宮崎県:西米良村』>を紹介します。

第159回目の投稿です。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
          (2018年10月1日統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。

福島県の『飯舘村と葛尾村』は、東日本大震災の『原発事故』の影響により除外をさせていただきます。




『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。

『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にして全国にある『村の活性化』を案内しています。






今回は、『宮崎県:西米良村』を紹介します。


地理的位置は、宮崎県の西部にあり県内では最も総人口の少ない自治体との事

村内はほとんどが山林となり、九州山地の影響でフェーン現象による気候の変化が多く感じられるとの事

村の人口(平成31年1月1日現在)1,153人 ・・・ 582世帯

昨年同日と比較すると世帯数は同じですが、28人の減少があります。

男性が8人の減、女性が20人の減 ・・・ 自然減なのか流出なのかは不明です。


そんな状況の『西米良村』ですが、推計人口によると『1、000人』を下回ろのも時間の問題かもと言われています。

進学や就職で貰を出る人は多いと思われますが、『村の伝統』を守る為にも『村の活性化』を考えてほしいものだと思います。

『西米良村移住定住応援サイト』 ・・・ こちらをクリックして、ご覧ください。

イベントは『2月1日』から始まる『カリコボーズのひな祭り』 ・・・ 村内の至るところに『お雛様』が飾ってあります。

近隣の方は、ぜひ足を延ばしてみて下さい。






次回は、増減率『-8.25』の『長野県:根羽村』を紹介します。





『NPO法人日本応援団』としては、『村祭りの復興』を願い『過疎地・限界集落・高齢者問題』を提案し、情報を発信していくという事に専念しています。


基本的に前述していますが当、『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。

『長野県:王滝村』を紹介します。

第158回目の投稿です。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
          (2018年10月1日統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。

福島県の『飯舘村と葛尾村』は、東日本大震災の『原発事故』の影響により除外をさせていただきます。




『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。

『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にして全国にある『村の活性化』を案内しています。






今回は、『長野県:王滝村』を紹介します。


地理的位置は、長野県の南西部、御岳山の麓にあります。

御岳山は、2014年9月27日午前中に噴火し噴石などによる登山者の死亡が58名にも確認された。

火山災害としては戦後最悪といわれた事でも有名になりました。


そんな記憶が残る中、王滝村では現在も761人:383世帯が暮らしています。

まずは『王滝村』を知っていただくために『ふるさと村民』を募集しています。(クリックを!)

また、王滝村の財政事情は『財政再建団体』に指定される直面にあります。

『村の存続』を考えた時、興味を持っていただいた方に『ふるさと村民』になっていただき、『特産・名産』の購入とともに『牧尾ダム水源の森づくりパートナー』に参加していただければと思います。(クリックを!)


王滝村をアピールする方法として『観光』を、取り上げます。

『あなたを呼び覚ます 王滝千年体験』 ・・・ クリックしてご覧ください。


最後に『王滝村へのアクセスマップ』をクリックして ・・・ ご確認ください。




次回は、増減率『-4.50』の『宮崎県:西米良村』を紹介します。





『NPO法人日本応援団』としては、『村祭りの復興』を願い『過疎地・限界集落・高齢者問題』を提案し、情報を発信していくという事に専念しています。


基本的に前述していますが当、『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。
プロフィール

nippon47ouendan

Author:nippon47ouendan
『NPO法人日本応援団』のブログへようこそ!
大それた名前ですが、『村祭り』を紹介し『地域活性化』に貢献できればと名付けました。」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR