でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

『ずっと一緒にここで暮らそう』第三回目の投稿です。
今年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』 ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

『地域活性化』を政府が掛け声を上げ、いろいろな施策を掲げていますが一向に『過疎化』に歯止めが出来ず里村からは『人口流出』が止まりません。

都会は、ある意味『憧れ』があり 若い人たちにとっては、そこに『チャンス』があると思えるのでしょう。

その『チャンス』は 『夢』を追いかけるという意味では『無限』の可能性があります。
『千載一遇のチャンス』は、人ごみの中に埋もれています。
その人ごみの中で『夢』が掴めるとしたら、みんながみんな『夢』を形に出来ています。
その人ごみの中で『チャンス』があるとしたら、何を見つけることが優先事項でしょうか?

都会に暮らしていながら、そんな『チャンス』の流れの中にいながら、都会を離れることができないまま、自分たちに出来ることは何と考えていました。

『夢』の形が変わった瞬間です。

友人たちが、『夢破れ山河あり』と地元へと帰っていきます。

ある者は『劇団』を辞め、ある者は『ミュージシャン』を辞め、ある者は『会社』を辞め、実家のある地元に帰っていきます。

都会には『ブラック企業』と言われ、過酷な仕事をしている人たちがいます。
都会に住むため、高い家賃を払うため、しがみついている人たちがいます。
都会という『魔界』には、あなたの代わりは掃いて捨てるほどの人たちがいます。
『青春を刹那的に過ごす時間』が、気が付けば『使い捨て』となっている立場です。

そろそろ『気が付いてみませんか?』

『限界集落』が、いよいよ崩壊の時間を迎えています。
政治的な要因よりも、『便利さを求めた結果』だと考えます。
不便な『村』は、『自給自足の経済』の役にも立ちません。

でもね、考え方を変えれば『不便な村も天国に変わる』ということです。
『仕事』はあります。
『ブラック企業が低賃金長時間労働』と呼ばれるなら、『限界集落』は異常に過酷です。

過酷だけれど『ヒーロー』になれる要素がいっぱいです。
『使い捨ての人生』を歩むより、『足跡を残す人生』がそこにあります。

私たちは、そんな『過疎地活性化』を応援するために『NPO法人日本応援団』を立ち上げました。

ぜひ、法人名をクリックして『心意気』をご覧ください。
加筆修正をする部分もたくさんありますが、立ち上げたばかりですので『ご意見』等ありましたら、ご一報ください。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nippon47ouendan

Author:nippon47ouendan
『NPO法人日本応援団』のブログへようこそ!
大それた名前ですが、『村祭り』を紹介し『地域活性化』に貢献できればと名付けました。」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR