FC2ブログ

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第二十二回目の投稿です。

今年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『4ヶ月』が過ぎました。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
                                                           (2015年5月統計・他有)
ちなみに、この統計は『日本の村の人口順位』からのものです。



『9月22日』に書いていたことを、もう一度 ・・・ 同じように感じたこととして取り上げたいと思います。

『田舎暮らし』は、都会で暮らしていた人達にとっては『過酷』なものでしょう。

なんでも近所にそろっている場所から、『不便』を絵に描いたような場所への移動は躊躇するのは『当たり前』だと思います。

でも、考え方ひとつで全てが変わります。

『車の移動を自転車に替えましょう』 ・・・ どんなに離れていても、『30分』も自転車に乗っていれば目的地に着きます。

その間、自然の中の自由が味わえると思えば ・・・ 空気もきれいで、自然の音の中で風を感じる事も ・・・ 今までに忘れていた感覚でしょうか?

時間があれば、近所の農家のお手伝いも良いでしょう ・・・ 足手まといと言われるかもしれません。

仕事も探せば『たくさん』あります。

身の丈にあった仕事を選ぶのも自分のためです。

仕事をしなくては食べていけないのであれば、自然と前向きに『生きる』ということを考えるでしょう。

その『村』に住む人は、そうして生活をしてきたんですから ・・・ 自分の甘さに気がつくことも、自分の発見です。

そんな中でも、うまく切り抜ける人もいるでしょう ・・・ 新しい自分の発見です。

『村』に溶け込む事も大事な事ですが、新しい『村のあり方』を発見するのも新しく『村民』となる人の使命だと考えます。

そういう意味では、『村の再生』に寄与できるのは『村を知らない世代』だと思います。

ぜひ、『村の未来』を開拓するような気持ちを持って、対峙してください。

昔からの村に新しい風を吹かせてみるのも、新しい発想の『村人』のなせる業だと思います。

かなり期間があいてしまいましたが、お読みいただきありがとうございます。

また、ぜひ『NPO法人日本応援団』のホームページを公開していますので、認知活動にご協力をお願いします。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nippon47ouendan

Author:nippon47ouendan
『NPO法人日本応援団』のブログへようこそ!
大それた名前ですが、『村祭り』を紹介し『地域活性化』に貢献できればと名付けました。」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR