FC2ブログ

『村の復興は誰の手で!Vol.2』

第205回目の投稿です。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
      (2019年10月1日統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。

『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にして全国にある『村の活性化』を案内しています。





今回は『村の復興は誰の手で!Vol.2』です。

今年から来年にかけて『食料事情は激変』します。

国際的に『食糧難』に歯止めがかかりません。

と言うのは、『TPP』の確立によって『輸入解禁』となる食料

『食の安全』を確約できないまま輸入が始まります。

と言う事は国内の農家は『存続の危機』にある訳です。

それでなくても、『農家離れ』が進んでいる集落は『村の伝統』をも無くします。


日本の固有種である『お米』に関しても『遺伝子組み換え穀物』の特許に寄り、勝手に作ることが出来なくなるとの事!

日本の農家の『死活問題』です。

後継者のいない『村』では、空き家が増え ・・・ 人の住まなくなった家屋は痛みが早い


ここ『3年程前』から、限界集落と村長自ら発信した『群馬県南牧村』

その南牧村の『復活』を模索していましたら ・・・ やられました。

ある日、テレビでの報道は『蒟蒻を使ったレシピが海外で大評判』


私たち『NPO法人日本応援団』は、南牧村での復活は『蒟蒻』

そう位置付けて『村役場』の担当者と話をしていましたが ・・・

企画はあっても、『人・金・モノ』の融合は簡単には行きません。


ただ、それでも『南牧村』だから出来る事があります。

私たち『NPO法人日本応援団』は最初の一歩として

『群馬県南牧村』を盛り立てようと画策しています。


興味のある方は『ご一報』下さい。


私たち『NPO法人日本応援団』は、『地域活性化・街づくり』を掲げています。

国内の食糧事情も、省庁に頼らない農業を目指しています。

まだまだ、やるべき事はたくさんありますが『出発地点』を見つけたところです。



基本的に前述していますが『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る
村として情報をお届け頂ければ掲載させて戴きたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 
『ポチッ!』っと押していただければ励みになります



よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。

スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

nippon47ouendan

Author:nippon47ouendan
『NPO法人日本応援団』のブログへようこそ!
大それた名前ですが、『村祭り』を紹介し『地域活性化』に貢献できればと名付けました。」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR