FC2ブログ

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第十九回目の投稿です。

今年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『3ヶ月』が過ぎました。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
                                                           (2015年5月統計・他有)
ちなみに、この統計は『日本の村の人口順位』からのものです。



今日は、ちょっとだけ『深刻な村の財政』について取り上げたいと思います。

『村役場』のホームページをみていると『歳入・歳出』という『村の財政』を公開しているページがあります。

『歳入』の中で『依存財源』もしくは『地方交付税』という項目があります。


驚くことに ・・・ というか民間企業なら『破綻だろう』と思える『村』が大半を占めているという事実!

簡単に書けば『歳入』に関して『50%以上』が『地方交付税・国庫支出金』だったりしています。

思い出すのは、『破綻した自治体:夕張』 ・・・ 夕張の人口は最多約25,000人が現在5,000人程の経済活動です。

『財政状況』を見ようと思ったら ・・・ 『借金時計』というサイトがあったので『リンク』します。

恐ろしい事に『全会計』をクリックしてみると ・・・ クリックして見てくださいね ・・・ 書くのに、気が引ける。


そんな事を考えながら『財源』を見てみると、『5億円でも15億円』でも『50%以上』が交付金に頼っているという事実 ・・・ 一般の企業では『破綻』ですよね。

『夕張の人口:5,000人』 ・・・ 『人口順位1位の村:沖縄県読谷村 ・・・ 約40,000人』 ・・・ 人口の比較だけでは語れないけど ・・・ 借金をした『村』は、いくら『国庫の借入金』だといっても『返済』をしなくては『破綻』するんです。

小さな村で大きな村でも健全体質に戻るのは大変です。

『村役場』が『依存体質の脱却』を図らねば、改善はしないということです。

さて、その『改善』を『試行錯誤』している『村』は何処でしょうか?

『村民』が減れば、『一人当たり』の負担は増えるだけです。

『村役場』の存在価値が問われる時期だと思われますが ・・・ 『NPO法人日本応援団』は『全力で提案』していきたいと思います。


今日も長々と、お読みいただきありがとうございます。



スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

nippon47ouendan

Author:nippon47ouendan
『NPO法人日本応援団』のブログへようこそ!
大それた名前ですが、『村祭り』を紹介し『地域活性化』に貢献できればと名付けました。」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR