FC2ブログ

『そうだ!働き方改革だ!Vol.10』

第182回目の投稿です。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
          (2018年10月1日統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。

『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にして全国にある『村の活性化』を案内しています。


前回に書きましたが『食の安全』は、日本に暮らすだけの人の問題ではありません。

世界的に『貧富の差』が問題となっているのです。


『そうだ!働き方改革だ!Vol.10』 ・・・ 



先日、小耳にはさんだ話では『輸入品目』で提供している『食堂(あえて)』があります。

『国産米』を使った『食堂(あえて)』があります。

価格的に優劣をつけるなら『輸入品目』で作った料理の方が『安い!』

当然、選択肢は『安い価格』に魅力を感じる訳ですが 

・・・ 『貧富の差』と言ってしまえば『身も蓋もない』


こうなると世の中の動向はどうなるのでしょうか?

国内で生産する『国内産』の食料は、生産者がいなくなり『食料コントロール』が輸入に依存してしまうという現象が起きてしまいます。

この問題は、日本の将来を見据えた時 ・・・ 取り返しのつかない『生存の問題』ともなります。


『食の安全』も、輸入品目にコントロールされてしまいます。

そうなった時 ・・・ 『食の安全』は守れるのでしょうか?


私たちは、『生きるという基本』を考えました。

『生きるために働くのか?』

『働くために生きるのか?』


『あなたの、生きる目的は ・・・ なんですか?』


私たちは考えました。

その結論は『原因と結果の法則』で答えが出ます。

あえて、意識誘導や情報操作を促しません。

『あなたの生きる目的は ・・・ なんですか?』

気がつくのが早ければ早いほど、自分の人生を生きるという事になります。

『誰かの為、では無く誰のために働くか?』

もちろん、『生きるために働く』のですから ・・・自分の為でもあります。


では、『誰のために働くのか?』 ・・・ となると、答えは人それぞれに違っています。

どんな答えであっても ・・・ それはすべて『正解』です。

『生きる』という事においては、どんな答えでも『正解』となります。


ただ ・・・ 目的を考えた時、何処に展開をするか ・・・ 大きく変わってきます。


『誰のために働くか? ・・・ 誰かのために働くか?』


『価値観』は、人それぞれに違いますが ・・・ 一貫するものが有ります。


私たちは『NPO法人日本応援団』です。

『村』という、小さな社会で大きな希望を現実にしようと目論んでいます。

『あなたの、生きる目的』が ・・・ 感じられるとしたら実現してみませんか?






『NPO法人日本応援団』としては、『村祭りの復興』を願い『過疎地・限界集落・高齢者問題』を提案し、情報を発信していくという事に専念しています。


基本的に前述していますが当、『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

nippon47ouendan

Author:nippon47ouendan
『NPO法人日本応援団』のブログへようこそ!
大それた名前ですが、『村祭り』を紹介し『地域活性化』に貢献できればと名付けました。」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR