FC2ブログ

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第十七回目の投稿です。

今年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『3ヶ月』が過ぎました。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
                                                           (2015年5月統計・他有)
ちなみに、この統計は『日本の村の人口順位』からのものです。


前回の『田舎で暮らす極意』は、ご覧になっていかがでしたでしょうか?

『これでもか ・・・ これでもか?』というくらいに『厳しい事』が上げられてましたが、実際にはそれだけの覚悟が必要だと言う覚悟が書かれていたように思います。

確かに、生半可に『田舎暮らし』を考えるものじゃない ・・・ とは、思いますが ・・・ 志さえあれば ・・・ 今を変えて生きたいという思いさえあれば ・・・ その思い込みだけでも、心意気が伝われば ・・・ 受け入れてもらえるだけの裁量はありますよ。

『極意』の中でもあるように、『地域に溶け込める人』ということが重要な条件だと思います。


さて、今日はこんな事を取り上げてみたいと思います。

『ホームページ』作っていて何ですが、知らない事ばかりを見つけます。

まぁ、知らなくても『当たり前』という事でもありますが、でもせっかくだからこんなところもあるんだよと『日本の奥深さ』を知って訪ねてみるのも勉強になるかもって思ったりします。

また『当たり前』の事なんですが、私たちのやってる事って甘いな! 

そんな風にも思ったりします。

結局『事件は現場で起きている』、『机上論』なんて何の役にもたたないんだと言われそうです。

確かに『田舎の暮らし』を体験した訳でもないし知ってもいない、それで『地域復興』なんて、おこがましいと、言われそうです。

でもね知らなくったって体験した事がなくたって情報を提供をされる事がなければ限界集落は人知れず『フェードアウト』され、地図から無くなってしまうんです。

そんなところでも生活があるなら、復活させてみようと思える人が現れるなら、無駄じゃないと思うんです。

そんな風に思うんですよね『最初の一歩』は、みんな石橋を叩く!

都会の雑踏の中で『その他大勢』という括りの中で、右往左往している『自分の未来は自分で創る』

ホームページを見た人が『やる』と言ってる訳ではなく、その先の友人が『名乗り出る』かも知れない情報は流さなければ伝わることはないので見て伝えてほしい。

と、『他力本願』まっしぐらな私たちの思いを綴ってみました!

今日も長々と、お読みいただきありがとうございます。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

nippon47ouendan

Author:nippon47ouendan
『NPO法人日本応援団』のブログへようこそ!
大それた名前ですが、『村祭り』を紹介し『地域活性化』に貢献できればと名付けました。」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR