でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第121回目の投稿です。


2016年6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です 
     ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『38ヶ月』に入りました。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。


全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村
『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで
            『183村』が認定されているとの事です。
                  (2017年5月統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている
『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。


『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にしています。




『古民家特集 Vol。6』をお届けします。

今回は、増え続けている『村の人口流出』について検証をして行きたいとと思います。

全国にある『183の村』の中でも、減少率は『0.01%』から総人口が『1000人以下の村』では『自然減』も含め『流出』合わせて『50人』も減ってしまったら『一家族平均4人』の計算をすると『13軒から15軒』ほどの『空き家』が発生する計算です。

人の住まなくなった『家屋』は廃屋へと荒れ果ててしまいます。

そこで『村役場』は、『空き家管理』も手掛けるべく『移住・定住対策』を掲げています。


参考までに取り上げてみると、 『群馬県南牧村』では、統計人口1、920人(平成30年2月末)となっていますが、推計人口は1、800人台となっています。

昨年の10月時点での『減少率は-7.83』となっています。

単純に『4人家族』が減少という状態であれば『38軒から40軒の空き家』が発生しているという結果です。

もちろん、家屋だけではありません。

農地の田んぼや畑も管理者がいなければ『荒れ放題』となります。


そこで『各村役場での対策』が必要になってくる訳ですが、農業に興味のある『若い人』を募集し、様々な『バックアップ』を提供しています。

詳しくは、希望のある『村役場』に、お問い合わせください。

『1、000人以下の村から2、000人程度の村』では、受け入れ態勢も深刻なので『新規開業者』の方たちにとっては働き易い環境なのかもしれません。


また、作物の生産については『土地により地元の相性』もありますので具体的な考案があれば、気軽に担当者までお問い合わせください。


『最初の一歩』は、『農業・漁業・林業』に興味があるか ・・・ その仕事について自分の将来を創造できるか ・・・ 都会で働く仕事から大自然の中で働けるのか?

様々な問題が出てくると思いますが、村役場に相談を持ち掛ければ『解決の糸口』を一緒に模索してくれます。

農業高校を卒業した人 ・・・ 是非、学んだことを実践できるのは『若い時が肝心です』 ・・・ ぜひ、『村の活性化』に参加をしてください。





基本的に前述していますが当『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nippon47ouendan

Author:nippon47ouendan
『NPO法人日本応援団』のブログへようこそ!
大それた名前ですが、『村祭り』を紹介し『地域活性化』に貢献できればと名付けました。」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR