でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第118回目の投稿です。


2016年6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です 
     ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『38ヶ月』に入りました。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。


全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村
『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで
            『183村』が認定されているとの事です。
                  (2017年5月統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている
『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。





過去、取り上げた『村の一覧』を掲載します。

 ・・・ 『八十四回:長野県南相木村』
 ・・・ 『八十五回:長野県平谷村』
 ・・・ 『八十六回:高知県大川村』
 ・・・ 『八十八回群馬県川場村群馬県南牧村長野県南相木村』
 ・・・ 『九十回:高知県馬路村』
 ・・・ 『九十四回長野県売木村高知県馬路村山梨県丹波山村』
 ・・・ 『九十五回:長野県売木村』(再登場)
 ・・・ 『九十六回:長野県平谷村』(再登場)
 ・・・ 『九十七回北海道神恵内村音威子府村』
 ・・・ 『九十八回高知県大川村和歌山県北山村』
 ・・・ 『九十九回:長野県平谷村』(再登場)
 ・・・ 『100回:奈良県上北山村』
 ・・・ 『101回:長野県根羽村』
 ・・・ 『102回:宮崎県西米良村』
 ・・・ 『106回:長野県大鹿村』
 ・・・ 『107回:宮崎県五木村』
 ・・・ 『108回:長野県王滝村』
 ・・・ 『109回:奈良県黒滝村』 
 ・・・ 『110回:山梨県小菅村』
 ・・・ 『111回:長野県北相木村』
 ・・・ 『112回:岡山県新庄村』
 ・・・ 『113回:奈良県下北山村』
 ・・・ 『114回:奈良県野迫川村』

27の村を紹介してきました。
気になる『村』はありましたでしょうか?



『村』としての登録は『183村』 
・・・ 人口は最大で約4万人の沖縄県読谷村から
          最少で187人の東京都青ヶ島村まで
・・・ 当『NPO法人日本応援団』としては、過疎化の進む
          『1,000人以下の村』を取り上げています。




『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にしています。





前回から『田舎暮らし』を実践する為の、『体験的古民家』を特集しています。



今回は『村へ定住するための心得』を、お伝えしていこうと思います。

全国にある『村』では、人口減少の歯止めがかからず減少の一途をたどっています。

残されるのは、『先祖代々と続く土地を守る人達』でしょうか?



『情報過多の時代』に、田舎の不自由さは若い人達を都会へと向かわせます。

『24時間、眠らない街』は、若い人達には『刹那的な魅力』があります。



言葉を見つけるなら『監視社会の村』 ・・・ 村の全体が家族です。

モノは考えようですが、若い人達には『息苦しさ』も、あるのでしょう。



都会では、他人に関心を持ちません。

というより『いまを生きる』という事で、精一杯なのです。



『監視社会』で育った若者は、ここで大きな勘違いをするのです。

『やっと、自由になれたんだ』 ・・・ とね!

逆を現せば、『他人に無関心な社会』の落とし穴は『存在の否定』でもあります。



『隣は何をする人ぞ?』 ・・・ 憧れたギャップは『生死に対しても無関心』

独り暮らしの時間に『病気』になって初めて知るのです。



田舎では、いつの時間も突然隣人が訪問してきます。

まるで、我が家のように上がりこんでくる事もあります。

『プライベート』な空間は、寝ている時間くらいなものだと言われます。



そのほか、『村での催事事』 ・・・ 『消防団』だったり『組合員』だったり

『何も無い日の大宴会』 ・・・ 田舎での暮らしは『コミニケーション』が大事です。

『村での宴会』には積極的に参加をし、『打ち解ける』という観念を持ちましょう。



また、田舎独特の『働かざる者、食うべからず!』という概念があります。

積極的に、『田舎で暮らす、教えを請う』という姿勢を忘れずに実行しましょう。



全国各地の村で『移住・定住支援』という項目を作っていますが、条件があります。

『世帯構成』や『年齢制限』 ・・・ その他、諸諸の規制があります。

行きたい地域で『行けない』という事もあります。

『支援』を当てにしての『移住計画』は、頓挫する事確実です。

『移住』を考えている人と、『定住』を促進したい自治体との思惑はまったく違います。


例えば、群馬県南牧村では『移住・定住』に年齢条件はありません。

詳しくは、南牧村役場/担当:高柳さんまで連絡をしてください。

連絡先 : 0274-87-2011 (不在が多いです。)


今回は『群馬県南牧村』を紹介させていただきましたが、ご要望があれば『村人を募集』している自治体を探し情報提供したいと思います。







基本的に前述していますが当『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に
本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nippon47ouendan

Author:nippon47ouendan
『NPO法人日本応援団』のブログへようこそ!
大それた名前ですが、『村祭り』を紹介し『地域活性化』に貢献できればと名付けました。」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR