でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第115回目の投稿です。


2016年6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です 
     ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『36ヶ月』に入りました。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。


全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村
『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで
            『183村』が認定されているとの事です。
                  (2017年5月統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている
『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。





過去、取り上げた『村の一覧』を掲載します。

 ・・・ 『八十四回:長野県南相木村』
 ・・・ 『八十五回:長野県平谷村』
 ・・・ 『八十六回:高知県大川村』
 ・・・ 『八十八回群馬県川場村群馬県南牧村長野県南相木村』
 ・・・ 『九十回:高知県馬路村』
 ・・・ 『九十四回長野県売木村高知県馬路村山梨県丹波山村』
 ・・・ 『九十五回:長野県売木村』(再登場)
 ・・・ 『九十六回:長野県平谷村』(再登場)
 ・・・ 『九十七回北海道神恵内村音威子府村』
 ・・・ 『九十八回高知県大川村和歌山県北山村』
 ・・・ 『九十九回:長野県平谷村』(再登場)
 ・・・ 『百回:奈良県上北山村』
 ・・・ 『101回:長野県根羽村』
 ・・・ 『102回:宮崎県西米良村』
 ・・・ 『106回:長野県大鹿村』
 ・・・ 『107回:宮崎県五木村』
 ・・・ 『108回:長野県王滝村』
 ・・・ 『109回:奈良県黒滝村』 
 ・・・ 『110回:山梨県小菅村』
 ・・・ 『111回:長野県北相木村』
 ・・・ 『112回:岡山県新庄村』
 ・・・ 『113回:奈良県下北山村』
 ・・・ 『114回:奈良県野迫川村』

27の村を紹介してきました。
気になる『村』はありましたでしょうか?



『村』としての登録は『183村』 
・・・ 人口は最大で約4万人の沖縄県読谷村から
          最少で187人の東京都青ヶ島村まで
・・・ 当『NPO法人日本応援団』としては、過疎化の進む
          『1,000人以下の村』を取り上げています。




『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にしています。





今回から『田舎暮らし』を実践する前の、『体験的古民家』を特集してみたいと思います。

『田舎』と一括りにしてしまうと、誤解が生じかねないので実態を報告すると、『住む家』の内容に付いては現代風の『家屋』が多く、日常の生活には違和感なく過ごせます。

『過ごす』という事と『暮らす』という意味合いを考えると『定住』するには『雲泥の差』があります。

『いろいろな不便』は、各地の村で『お試し体験宿泊』を実施していますので、ご検討された方がいいかもと思われます。

一番最初に感じる事は『日常生活の食事調達方法』 ・・・ 都会のような『コンビニ』は、ほぼ皆無 ・・・ 日常用品を買うのにも近隣の街まで行かないと調達できない!

『食料』も買い置きをするような『1週間・10日分』とか計画を立てなければ、なかなか難しい生活感があります。

細かく言えば『近所付き合い』も、田舎独特の『コミニケーション』があります。

ご近所付き合いは『無関心な都会』の暮らしていた人には、信じられない『お付き合い』がたくさんあります。

ましてや『1000人以下の村』に『移住』を考えた場合は、その村の存続を考えると『一人一人が村を支える活力』になります。

『移住する村と移住を考える人』 ・・・ まずは『気に入った村役場に出向いて相談を!』



紙面の関係で、書きだす事は『村の対応』によって変わりますので一概に言えませんが『移住を前提に相談』を持っていけば、各村での対応は歓迎されるのでしょう。

そして『NPO法人 日本応援団』として、今回から取り上げていきたいのは『古民家』と呼ばれる『築50年~150年』の家屋の再生事業への提案です。


現在、各村では今どきの家が建て替えられるという状況です。

古くから残っている家屋には『廃墟』となるべく、補修を出来る人が居ないという状況にあります。

なぜなら『再生』をするよりは、建て替えた方が『相対的に安い』という結果です。



『古民家』と呼ばれる家屋を再生しても、減少して行く村の人口を考えると『高齢化』として暮らす人もいなくなる状況が先行していくからでしょうか?

村人が村を離れる状況は加速していく事と思われますが、先日『古民家探し』で出かけた『群馬県南牧村』での話を紹介します。




群馬県南牧村 ・・・ 村のホームページを見ると、『右、真ん中』のほうに古民家情報というサイトがリンクされていたからです。

東京から約3時間(軽井沢から1時間) ・・・ 群馬県の北西方向に、それこそ山の中 ・・・ 平坦地は川沿いにあり、村人は『約2、000人』

『南牧村』では『古民家バンク』を利用しての『空き家調査隊』を結成し、村内の『空き家状況』を調べ公開しています。

また、通常『子育て世代』の誘因を目指していますが、『60歳以上』でも南牧村に移住していただければ大歓迎との事でした。

調査隊が持ち主との交渉や、持ち主との直の契約も携わってくれるそうですが ・・・ 注意事項としては、地元の村人との交流が『絵移住するためのポイント』とか言われていましたが『郷に入っては郷に従え』という事でしょう。

定年退職された方にも『終の棲家』としての永住も、村としては歓迎との事でした。

青い空と澄み切った風と星の輝く夜空 ・・・ 『家庭菜園』よりも実質的な『自給自足の農業』 ・・・ 夢は広がります。

そして、ここだから出来る『古民家再生プロジェクト』 ・・・ 資料を集めて、検討中の『村』でもあります。






冒頭の『古民家特集』 ・・・ 次回から、詳しい情報を連ねていく予定です。



基本的に前述していますが当『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に
本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nippon47ouendan

Author:nippon47ouendan
『NPO法人日本応援団』のブログへようこそ!
大それた名前ですが、『村祭り』を紹介し『地域活性化』に貢献できればと名付けました。」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR