FC2ブログ

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第116回目の投稿です。


2016年6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です 
     ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『37ヶ月』に入りました。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。


全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村
『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで
            『183村』が認定されているとの事です。
                  (2017年5月統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている
『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。





過去、取り上げた『村の一覧』を掲載します。

 ・・・ 『八十四回:長野県南相木村』
 ・・・ 『八十五回:長野県平谷村』
 ・・・ 『八十六回:高知県大川村』
 ・・・ 『八十八回群馬県川場村群馬県南牧村長野県南相木村』
 ・・・ 『九十回:高知県馬路村』
 ・・・ 『九十四回長野県売木村高知県馬路村山梨県丹波山村』
 ・・・ 『九十五回:長野県売木村』(再登場)
 ・・・ 『九十六回:長野県平谷村』(再登場)
 ・・・ 『九十七回北海道神恵内村音威子府村』
 ・・・ 『九十八回高知県大川村和歌山県北山村』
 ・・・ 『九十九回:長野県平谷村』(再登場)
 ・・・ 『百回:奈良県上北山村』
 ・・・ 『101回:長野県根羽村』
 ・・・ 『102回:宮崎県西米良村』
 ・・・ 『106回:長野県大鹿村』
 ・・・ 『107回:宮崎県五木村』
 ・・・ 『108回:長野県王滝村』
 ・・・ 『109回:奈良県黒滝村』 
 ・・・ 『110回:山梨県小菅村』
 ・・・ 『111回:長野県北相木村』
 ・・・ 『112回:岡山県新庄村』
 ・・・ 『113回:奈良県下北山村』
 ・・・ 『114回:奈良県野迫川村』

27の村を紹介してきました。
気になる『村』はありましたでしょうか?



『村』としての登録は『183村』 
・・・ 人口は最大で約4万人の沖縄県読谷村から
          最少で187人の東京都青ヶ島村まで
・・・ 当『NPO法人日本応援団』としては、過疎化の進む
          『1,000人以下の村』を取り上げています。




『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にしています。





前回から『田舎暮らし』を実践する為の、『体験的古民家』を特集しています。

まず、『古民家』と言われる対象物件は通常『100年以上』暮らしを支えてきた家屋の事を言います。

が、最近では面影を残した『造りの家屋』も同じように一括りになっています。

また、『古民家』と呼ばれる物件には現代建築と比べ様々な問題点があげられます。

まず、現代的に住む為には『水回り』の点検が必要となります。

その『水回り』とは ・・・ ?


その昔 ・・・ 『100年も前』には存在しなかったもの!

『飲料水の確保』 ・・・ 『排水などの設備』 ・・・ 『火という燃料』

ほとんどの家屋では『現代風』に変更をされていますが ・・・ すべてではありません。

また、『お風呂・トイレ』 ・・・ この部分は『改造』が必要となる部分かとは思います。

そして、『古民家の屋根』 ・・・ 殆どが『トタン屋根』の変更されている家屋が多いのですが、補修は必要かと思います。

最後に『室内』 ・・・ 憬れだけでは住めません!

外環・内装には、現況を残しながらの『リフォーム』が必要となる事は ・・・ 『必至』です。


ただ、『古民家』だけに手を加えられる『職人』さんが ・・・ 『いない』という現実もありますが、その際は『各村役場』で、ご相談ください。

当『NPO法人 日本応援団』でも、『古民家再生事業』を実施している『工務店』を紹介しています。

具体的な『地域・場所』等を連絡いただければ調整をさせていただきます。


私たち、『NPO法人 日本応援団』は無くなりつつある『村祭りの伝統』を残していく為に『移住・定住』に関して情報提供させていただいています。

全国に『183の村』があり ・・・ そのうち『1000人以下の村』では高齢化に伴い廃村となるところもあります。


村自体も『合併・吸収』されてしまう状況にある中、『伝統を守るため』 ・・・ 高齢化の進んでいる『村の問題』を知っていただくための活動をしています。

『村での生活』 ・・・ 都会に暮らす現代社会とは『真逆の場所』だから、『流出に歯止め』が出来ない状況です。

『村の仕事』は、『ブラック企業』異常に過酷かもしれませんが ・・・ 『環境を変える・作りだす』 ・・・ 可能な限り『緻密な相談』を村役場と共にする事で解決できる問題ばかりだと思います。


『他人の村』に入りこみ、『わが村』とするには『先住する村人』とのコミュニケーションが重要なポイントです。

『郷に入っては郷に従え』 ・・・ まさにその通りですが、従来の方法では何も変わりません。

『新しい人が入ってくる』 ・・・ 『新しい風を吹き込む』 ・・・ そのためには『先住の村人』との交流が大事な事です。

『農業・林業・漁業』 ・・・ まずは、『教わる』ところからの始まりです。

大自然を『我が物』にする醍醐味は、都会では感じられない『至福感』でしょうか?

私たち『NPO法人 日本応援団』は、全国各地の『村祭り』を紹介しながら『村の存続』に協力していきたいと考えています。





基本的に前述していますが当『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に
本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。
スポンサーサイト

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第115回目の投稿です。


2016年6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です 
     ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『36ヶ月』に入りました。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。


全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村
『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで
            『183村』が認定されているとの事です。
                  (2017年5月統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている
『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。





過去、取り上げた『村の一覧』を掲載します。

 ・・・ 『八十四回:長野県南相木村』
 ・・・ 『八十五回:長野県平谷村』
 ・・・ 『八十六回:高知県大川村』
 ・・・ 『八十八回群馬県川場村群馬県南牧村長野県南相木村』
 ・・・ 『九十回:高知県馬路村』
 ・・・ 『九十四回長野県売木村高知県馬路村山梨県丹波山村』
 ・・・ 『九十五回:長野県売木村』(再登場)
 ・・・ 『九十六回:長野県平谷村』(再登場)
 ・・・ 『九十七回北海道神恵内村音威子府村』
 ・・・ 『九十八回高知県大川村和歌山県北山村』
 ・・・ 『九十九回:長野県平谷村』(再登場)
 ・・・ 『百回:奈良県上北山村』
 ・・・ 『101回:長野県根羽村』
 ・・・ 『102回:宮崎県西米良村』
 ・・・ 『106回:長野県大鹿村』
 ・・・ 『107回:宮崎県五木村』
 ・・・ 『108回:長野県王滝村』
 ・・・ 『109回:奈良県黒滝村』 
 ・・・ 『110回:山梨県小菅村』
 ・・・ 『111回:長野県北相木村』
 ・・・ 『112回:岡山県新庄村』
 ・・・ 『113回:奈良県下北山村』
 ・・・ 『114回:奈良県野迫川村』

27の村を紹介してきました。
気になる『村』はありましたでしょうか?



『村』としての登録は『183村』 
・・・ 人口は最大で約4万人の沖縄県読谷村から
          最少で187人の東京都青ヶ島村まで
・・・ 当『NPO法人日本応援団』としては、過疎化の進む
          『1,000人以下の村』を取り上げています。




『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にしています。





今回から『田舎暮らし』を実践する前の、『体験的古民家』を特集してみたいと思います。

『田舎』と一括りにしてしまうと、誤解が生じかねないので実態を報告すると、『住む家』の内容に付いては現代風の『家屋』が多く、日常の生活には違和感なく過ごせます。

『過ごす』という事と『暮らす』という意味合いを考えると『定住』するには『雲泥の差』があります。

『いろいろな不便』は、各地の村で『お試し体験宿泊』を実施していますので、ご検討された方がいいかもと思われます。

一番最初に感じる事は『日常生活の食事調達方法』 ・・・ 都会のような『コンビニ』は、ほぼ皆無 ・・・ 日常用品を買うのにも近隣の街まで行かないと調達できない!

『食料』も買い置きをするような『1週間・10日分』とか計画を立てなければ、なかなか難しい生活感があります。

細かく言えば『近所付き合い』も、田舎独特の『コミニケーション』があります。

ご近所付き合いは『無関心な都会』の暮らしていた人には、信じられない『お付き合い』がたくさんあります。

ましてや『1000人以下の村』に『移住』を考えた場合は、その村の存続を考えると『一人一人が村を支える活力』になります。

『移住する村と移住を考える人』 ・・・ まずは『気に入った村役場に出向いて相談を!』



紙面の関係で、書きだす事は『村の対応』によって変わりますので一概に言えませんが『移住を前提に相談』を持っていけば、各村での対応は歓迎されるのでしょう。

そして『NPO法人 日本応援団』として、今回から取り上げていきたいのは『古民家』と呼ばれる『築50年~150年』の家屋の再生事業への提案です。


現在、各村では今どきの家が建て替えられるという状況です。

古くから残っている家屋には『廃墟』となるべく、補修を出来る人が居ないという状況にあります。

なぜなら『再生』をするよりは、建て替えた方が『相対的に安い』という結果です。



『古民家』と呼ばれる家屋を再生しても、減少して行く村の人口を考えると『高齢化』として暮らす人もいなくなる状況が先行していくからでしょうか?

村人が村を離れる状況は加速していく事と思われますが、先日『古民家探し』で出かけた『群馬県南牧村』での話を紹介します。




群馬県南牧村 ・・・ 村のホームページを見ると、『右、真ん中』のほうに古民家情報というサイトがリンクされていたからです。

東京から約3時間(軽井沢から1時間) ・・・ 群馬県の北西方向に、それこそ山の中 ・・・ 平坦地は川沿いにあり、村人は『約2、000人』

『南牧村』では『古民家バンク』を利用しての『空き家調査隊』を結成し、村内の『空き家状況』を調べ公開しています。

また、通常『子育て世代』の誘因を目指していますが、『60歳以上』でも南牧村に移住していただければ大歓迎との事でした。

調査隊が持ち主との交渉や、持ち主との直の契約も携わってくれるそうですが ・・・ 注意事項としては、地元の村人との交流が『絵移住するためのポイント』とか言われていましたが『郷に入っては郷に従え』という事でしょう。

定年退職された方にも『終の棲家』としての永住も、村としては歓迎との事でした。

青い空と澄み切った風と星の輝く夜空 ・・・ 『家庭菜園』よりも実質的な『自給自足の農業』 ・・・ 夢は広がります。

そして、ここだから出来る『古民家再生プロジェクト』 ・・・ 資料を集めて、検討中の『村』でもあります。






冒頭の『古民家特集』 ・・・ 次回から、詳しい情報を連ねていく予定です。



基本的に前述していますが当『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に
本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第114回目の投稿です。


2016年6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です 
     ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『36ヶ月』に入りました。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。


全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村
『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで
            『183村』が認定されているとの事です。
                  (2017年5月統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている
『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。





過去、取り上げた『村の一覧』を掲載します。

 ・・・ 『八十四回:長野県南相木村』
 ・・・ 『八十五回:長野県平谷村』
 ・・・ 『八十六回:高知県大川村』
 ・・・ 『八十八回群馬県川場村群馬県南牧村長野県南相木村』
 ・・・ 『九十回:高知県馬路村』
 ・・・ 『九十四回長野県売木村高知県馬路村山梨県丹波山村』
 ・・・ 『九十五回:長野県売木村』(再登場)
 ・・・ 『九十六回:長野県平谷村』(再登場)
 ・・・ 『九十七回北海道神恵内村音威子府村』
 ・・・ 『九十八回高知県大川村和歌山県北山村』
 ・・・ 『九十九回:長野県平谷村』(再登場)
 ・・・ 『百回:奈良県上北山村』
 ・・・ 『101回:長野県根羽村』
 ・・・ 『102回:宮崎県西米良村』
 ・・・ 『106回:長野県大鹿村』
 ・・・ 『107回:宮崎県五木村』
 ・・・ 『108回:長野県王滝村』
 ・・・ 『109回:奈良県黒滝村』 
 ・・・ 『110回:山梨県小菅村』
 ・・・ 『111回:長野県北相木村』
 ・・・ 『112回:岡山県新庄村』
 ・・・ 『113回:奈良県下北山村』

25の村を紹介してきました。
気になる『村』はありましたでしょうか?

『村』としての登録は『183村』 
・・・ 人口は最大で約4万人の沖縄県読谷村から
          最少で187人の東京都青ヶ島村まで
・・・ 当『NPO法人日本応援団』としては、過疎化の進む
          『1,000人以下の村』を取り上げています。




『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にしています。







今回、紹介する村は『奈良県野迫川村(のせがわむら)』 ・・・ 奈良県の西南部、和歌山県と接し前回の『下北山村』の西の方になります。

野迫川村も標高の高い位置にあり、夏は避暑地にもなりますが冬は雪が多い中『410人(推計:2017年10月現在)』の村人が暮らしています。

2005年から2010年にかけての人口減少率は29.5%で、全国の市町村中最大となっている。
また、平成26年1月1日現在の人口減少前年比率は、宮城県牡鹿郡女川町に次いで全国第2位の減少率であった。
                 (wikipediaの情報より、転載)


『ホームページ』を見ても、村の実態は解りませんが『村議会役員:22名』という人数が気になります。

野迫川村での『就労』については、『林業・農業』など記載事項が無いので解りませんが ・・・ 魅力を感じるものがあるとしたら『自然豊かな観光事業』も、これからの活躍の場となるのではないかと思われます。


詳しくは野迫川村役場まで、お問い合わせください。


主な『観光事業』は ・・・ ← こちらをくりっく






基本的に前述していますが当『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に
本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第113回目の投稿です。


2016年6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です 
     ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『35ヶ月』に入りました。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。


全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村
『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで
            『183村』が認定されているとの事です。
                  (2017年5月統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている
『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。





過去、取り上げた『村の一覧』を掲載します。

 ・・・ 『八十四回:長野県南相木村』
 ・・・ 『八十五回:長野県平谷村』
 ・・・ 『八十六回:高知県大川村』
 ・・・ 『八十八回群馬県川場村群馬県南牧村長野県南相木村』
 ・・・ 『九十回:高知県馬路村』
 ・・・ 『九十四回長野県売木村高知県馬路村山梨県丹波山村』
 ・・・ 『九十五回:長野県売木村』(再登場)
 ・・・ 『九十六回:長野県平谷村』(再登場)
 ・・・ 『九十七回北海道神恵内村音威子府村』
 ・・・ 『九十八回高知県大川村和歌山県北山村』
 ・・・ 『九十九回:長野県平谷村』(再登場)
 ・・・ 『百回:奈良県上北山村』
 ・・・ 『101回:長野県根羽村』
 ・・・ 『102回:宮崎県西米良村』
 ・・・ 『106回:長野県大鹿村』
 ・・・ 『107回:宮崎県五木村』
 ・・・ 『108回:長野県王滝村』
 ・・・ 『109回:奈良県黒滝村』 
 ・・・ 『110回:山梨県小菅村』
 ・・・ 『111回:長野県北相木村』
 ・・・ 『112回:岡山県新庄村』

24の村を紹介してきました。
気になる『村』はありましたでしょうか?

『村』としての登録は『183村』 
・・・ 人口は最大で約4万人の沖縄県読谷村から
          最少で187人の東京都青ヶ島村まで
・・・ 当『NPO法人日本応援団』としては、過疎化の進む
          『1,000人以下の村』を取り上げています。



『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にしています。







今回、紹介する村は『奈良県下北山村』 ・・・ 奈良県の南東部に位置し、北部・東部・西部は奈良県上北山村ですが、南部は和歌山県、東南部は三重県に接している四方を山に囲まれ、日本でも有数の多雨地帯で標高は『250ⅿ』前後となる地域です。

村に住む人は、『2017年10月1日現在:821人(推計人口)』となっていますが、村の統計(5年ごとの調査)では『895人』

その『年齢別人口』を見ると、40歳から上の方の比率が膨らみ、『39歳以下の子育て世代』が少なく、『15歳未満』に至っては『64人』という統計になっています。


また、下北山村でも『移住・定住促進』として『地域おこし協力隊』の募集をしています。

『林業(自伐型林業の推進)』については、詳細が更新していないため、『応募受付終了』となっていますが、関心を持っていただけた方は直接『こちら』で連絡を取り、ご検討ください。

『下北山村』を知っていただくには、とにかく行ってみる『観光地』としても特異な『村』でもあります。

『観光(キャンプ場の運営)』についても『地域おこし協力隊』を募集しています。

『世界遺産』に囲まれ『四季折々の見どころ』も『世界遺産を有する地域特有の荘厳さ』を感じます。


山に囲まれた『下北山村』 ・・・ 『移住情報に特化したガイドブック』を作成しました!








基本的に前述していますが当『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に
本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。
プロフィール

nippon47ouendan

Author:nippon47ouendan
『NPO法人日本応援団』のブログへようこそ!
大それた名前ですが、『村祭り』を紹介し『地域活性化』に貢献できればと名付けました。」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR