でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第108回目の投稿です。


2016年6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です 
     ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『34ヶ月』に入りました。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。


全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村
『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで
            『183村』が認定されているとの事です。
                  (2017年5月統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている
『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。





過去、取り上げた『村の一覧』を掲載します。

 ・・・ 『八十四回:長野県南相木村』
 ・・・ 『八十五回:長野県平谷村』
 ・・・ 『八十六回:高知県大川村』
 ・・・ 『八十八回群馬県川場村群馬県南牧村長野県南相木村』
 ・・・ 『九十回:高知県馬路村』
 ・・・ 『九十四回長野県売木村高知県馬路村山梨県丹波山村』
 ・・・ 『九十五回:長野県売木村』(再登場)
 ・・・ 『九十六回:長野県平谷村』(再登場)
 ・・・ 『九十七回北海道神恵内村音威子府村』
 ・・・ 『九十八回高知県大川村和歌山県北山村』
 ・・・ 『九十九回:長野県平谷村』(再登場)
 ・・・ 『百回:奈良県上北山村』
 ・・・ 『101回:長野県根羽村』
 ・・・ 『102回:宮崎県西米良村』 ・・・ 
 ・・・ 『106回:長野県大鹿村』 ・・・ 


18の村を紹介してきました。
気になる『村』はありましたでしょうか?

『村』としての登録は『183村』 
・・・ 人口は最大で約4万人の沖縄県読谷村から
          最少で187人の東京都青ヶ島村まで
・・・ 当『NPO法人日本応援団』としては、過疎化の進む
          『1,000人以下の村』を取り上げています。



『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にしています。




今回は『村人:778人』の『長野県王滝村』を紹介します。

『王滝村』と言えば、『御嶽山の噴火』で知れ渡りました。

その『御嶽山』のふもとにある村です。


地理的位置は、長野県南西部にあり、西側は岐阜県と接しています。

王滝村の「王」の字には、“はるか平安の昔、ときの後白河法皇が急病になられたとき、近侍の人々は病気平療を御嶽山に祈願され、しばらくして全快された。その折、麓の村へ後世に残る証として、法皇の「皇」の字から「王」の文字をとり、王滝村とすることを許された。”という伝説があります。 (転載)


産業は?と言うと、『農業・林業』でしょうか?

特産品として、『王滝カブ』の栽培ででしょうか?

また、木曽ヒノキなどの木材を使った『手作りの木工製品』なども、あります。



『王滝村』も、 また『ふるさと村民』を募集しています。

クリックして、『村民登録』をしてください。
(木曽ヒノキの『会員証』が届きます。)

『王滝村』を知るには、『ふるさと村民』に登録をして関心を持っていただければ『幸い』です。


また『観光目的』<クリックを!>であれば、宿泊から温泉まで ・・・ そして、『イベント情報』も、ご確認ください。






基本的に前述していますが当『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に
本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。   
スポンサーサイト

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第107回目の投稿です。


2016年6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です 
     ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『34ヶ月』に入りました。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。


全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村
『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで
            『183村』が認定されているとの事です。
                  (2017年5月統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている
『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。





過去、取り上げた『村の一覧』を掲載します。

 ・・・ 『八十四回:長野県南相木村』
 ・・・ 『八十五回:長野県平谷村』
 ・・・ 『八十六回:高知県大川村』
 ・・・ 『八十八回群馬県川場村群馬県南牧村長野県南相木村』
 ・・・ 『九十回:高知県馬路村』
 ・・・ 『九十四回長野県売木村高知県馬路村山梨県丹波山村』
 ・・・ 『九十五回:長野県売木村』(再登場)
 ・・・ 『九十六回:長野県平谷村』(再登場)
 ・・・ 『九十七回北海道神恵内村音威子府村』
 ・・・ 『九十八回高知県大川村和歌山県北山村』
 ・・・ 『九十九回:長野県平谷村』(再登場)
 ・・・ 『百回:奈良県上北山村』
 ・・・ 『101回:長野県根羽村』
 ・・・ 『102回:宮崎県西米良村』 ・・・ 
 ・・・ 『106回:長野県大鹿村』 ・・・ 


18の村を紹介してきました。
気になる『村』はありましたでしょうか?

『村』としての登録は『183村』 
・・・ 人口は最大で約4万人の沖縄県読谷村から
          最少で187人の東京都青ヶ島村まで
・・・ 当『NPO法人日本応援団』としては、過疎化の進む
          『1,000人以下の村』を取り上げています。



『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にしています。




今回も、『村人:1,133人』 
・・・ 統計上では、『増減率:ー5.78』となっている。
あの『五木の子守歌』で有名な『熊本県五木村』を紹介します。

『五木村』は、熊本県の南部にある村です。

村全体が九州山地の山岳地帯にあり標高1,000ⅿ以上の山々に囲まれ、総面積の96.2%が山林という村の現況です。

平成29年12月31日現在:505世帯の居住があるそうです。

そして、『五木村』も『移住・定住促進』として、さまざまな提案をしています。

『村長あいさつ』の中で語られていますが、『五木の子守唄をはじめとする山村伝統文化を保存継承しながら心豊かに暮らしています』との思いは、どこの村にも共通するものがあると思います。

『農業振興』は、いまに始まった事ではありませんが『地産地消』を目指す『原点回帰』が込められているように思います。



都会に暮らす事の利便性 ・・・ 『24時間眠らない街』の魅力は如何でしょうか?

夜明けとともに起き、夕陽とともに自宅に帰る ・・・ 自然と共存する『家庭でのおもてなし』

『山村伝統文化の保存・継承』 ・・・ 『NPO法人日本応援団』は、まさにここを目指して取り組んでいます。


一人でも多くの『村祭りへの参加』 ・・・ 伝統文化を守り、新しく存続する村を守る。

『都会の、その他大勢』のポジションの中から、居場所を『過酷な村』へ移し『少数精鋭の村のヒーロー』になりませんか?

いま、この時期だから『出来る事は先人の知恵を借りる』という事を ・・・ 迎え入れてくれる『村』が全面敵に『バックアップ』してくれるという事が『最大のメリット』だと思うのです。


その気になった人とは、実行の前に必ず『村役場』に連絡を取り ・・・ 『自己判断』でお願いします。


過去にあった『トラブル』は、確認していたのも関わらず『実行』されなかった『村』があるとの報告もありますので、ご注意ください。





基本的に前述していますが当『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に
本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。   

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第106回目の投稿です。


2016年6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です 
     ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『34ヶ月』に入りました。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。


全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村
『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで
            『183村』が認定されているとの事です。
                  (2017年5月統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている
『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。





過去、取り上げた『村の一覧』を掲載します。

 ・・・ 『八十四回:長野県南相木村』
 ・・・ 『八十五回:長野県平谷村』
 ・・・ 『八十六回:高知県大川村』
 ・・・ 『八十八回群馬県川場村群馬県南牧村長野県南相木村』
 ・・・ 『九十回:高知県馬路村』
 ・・・ 『九十四回長野県売木村高知県馬路村山梨県丹波山村』
 ・・・ 『九十五回:長野県売木村』(再登場)
 ・・・ 『九十六回:長野県平谷村』(再登場)
 ・・・ 『九十七回北海道神恵内村音威子府村』
 ・・・ 『九十八回高知県大川村和歌山県北山村』
 ・・・ 『九十九回:長野県平谷村』(再登場)
 ・・・ 『百回:奈良県上北山村』
 ・・・ 『101回:長野県根羽村』
 ・・・ 『102回:宮崎県西米良村』 ・・・ 

17の村を紹介してきました。
気になる『村』はありましたでしょうか?

『村』としての登録は『183村』 ・・・ 人口は最大で約4万人の沖縄県読谷村から最少で187人の東京都青ヶ島村まで ・・・ 当『NPO法人日本応援団』としては、過疎化の進む『1,000人以下の村』を取り上げています。



『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にしています。




今回は、『村人:1,041人』 ・・・ 統計上では、『1,000人』を割りこみそうな状況ですが、『長野県大鹿村』を紹介します。

『長野県大鹿村』は、長野県南東部に位置し、飯田市・伊那市の東側 ・・・ 静岡県静岡市に隣接した場所になります。

南アルプスなどの3,000メートル級の山々に囲まれた村です。


今回、取り上げるのはスタッフが『大鹿村ふるさと応援団』に登録をしており、人口統計を見たところ『1,000人』という当サイトの『掲載条件:村人の上限』に近づいていたからです。


『応援団登録』は無料です。

都会に住んでいて、『ふるさとというノスタルジックな環境』が無い人は ・・・ ご参加ください。

たまには訪問をしてみるという『目的』が出来るかもしれません。



距離的には、長野県の南東部ですので『名古屋』からは『3時間』もかからない場所です。
『日帰り ・・・ ちょっと、お出かけ』には、ちょうど良い距離感かなと思います。

東京からは『約4時間』 ・・・ 『土日の2日間』 ・・・ ゆっくりするには『温泉』もありますよ!

『温泉』は ・・・ ← こちらをクリック

『村長挨拶』 ・・・ ← こちらをクリックして、ご覧ください。

村長曰く、「失われたら二度と取り戻せない日本の農山村の風景を守り」、と大鹿村の大切さを訴えられています。



まずは『観光情報』をご覧の上、村を知っていただければと思います。


『大鹿村:定住情報』 ・・・ ← こちらをクリックして、ご覧ください。

  1.大鹿村空き家情報
  2.空き家対策事業補助
  3.若者定住補助
  4.住宅関連の補助
  5.村営住宅情報
  6.求人情報
  7.プチ移住ツアー
  8.大鹿村で暮らされる方へ(大鹿村・自治会からのお願い)
  9.定住・子育て支援ガイド(PDF)

                 等々、クリックして確認ください。


どこの『村』も、特に『1.000人』を割りこんでしまうと、『高齢化の村』として『村の財政』もひっ迫してきます。


これからの時代を生き抜いていくのは『原点回帰の自作自演』 ・・・ 『食料の自給率』とも言われます。

都会では『人工知能(AI)』によって、働く場所が変わってきます。

そんな未来を予測すれば、『人間本来の仕事は村にある』と言っても過言ではないでしょう。


いまなら、まだ間に合います。

『農業・林業』は、人手不足です。
(もちろん、漁業も同じですが!)

『習うより慣れろ』と言いますが、いまなら教えてもらうという事も可能です。
何事も、『ゼロからの出発』と思えば、何でも出来るでしょう。

『高齢化』の進む村では、若い人の『力』を求めています。

『大鹿村』に限らず、『村の再生』を目指している村は『移住環境』を整備しています。

どこの村でも言える事ですが、『村の存続、再生のヒーロー』を募集しています。








基本的に前述していますが当『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に
本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。   

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第105回目の投稿です。


一昨年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です 
     ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『33ヶ月』に入りました。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。


全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村
『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで
            『183村』が認定されているとの事です。
                  (2017年5月統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている
『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。





過去、取り上げた『村の一覧』を掲載します。

『八十四回:長野県南相木村』
 ・・・ 『八十五回:長野県平谷村』
 ・・・ 『八十六回:高知県大川村』
 ・・・ 『八十八回群馬県川場村群馬県南牧村長野県南相木村』
 ・・・ 『九十回:高知県馬路村』
 ・・・ 『九十四回長野県売木村高知県馬路村山梨県丹波山村』
 ・・・ 『九十五回:長野県売木村』(再登場)
 ・・・ 『九十六回:長野県平谷村』(再登場)
 ・・・ 『九十七回北海道神恵内村音威子府村』
 ・・・ 『九十八回高知県大川村和歌山県北山村』
 ・・・ 『九十九回:長野県平谷村』(再登場)
 ・・・ 『百回:奈良県上北山村』
 ・・・ 『101回:長野県根羽村』
 ・・・ 『102回:宮崎県西米良村』 ・・・ 

17の村を紹介してきました。
気になる『村』はありましたでしょうか?

『村』としての登録は『183村』 ・・・ 人口は最大で約4万人の沖縄県読谷村から最少で187人の東京都青ヶ島村まで ・・・ 当『NPO法人日本応援団』としては、過疎化の進む『1,000人以下の村』を取り上げています。



『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にしています。




2018年も一週間が過ぎました。

『1月8日:成人の日』という事で、本格的に仕事が始まるのは『火曜日:9日』からでしょうか?

今年も、引き続き『過疎化対策』などの情報を提示していきます。




今回は、『過疎地に於ける就農生活』を提案したいと思います。

先日、今後50年で日本の人口は半減し『5,000万人』という全人口が予想されました。

この人口統計の予測は、あくまでも『予測』でしかありませんが『警告』でもあります。

さて、その人口統計は『予測』ですが問題は別のところにあります。

いま『少子化』と言われている社会の中で将来的に大きな問題を抱えています。


『食糧問題と雇用問題』です。

いま『現代社会』では、雇用問題が騒がれています。

もっと深刻なのは、『労働環境の変化』です。

今後30年で、人間のできる仕事は『人工知能(AI)』によって劇的な環境変化が起こります。

この大きな問題は、ひた隠しに隠されるでしょう。


私たちの『力』では、どうにも『コントロール』出来るようなものではありません。

この問題については、それなりのところで考える事でしょう。


その時の問題を差し置いても、私たちが出来る事は『食料自給率』という事になります。

『人工知能(AI)』は、30年後には目覚ましい進歩をしているでしょう。

ところが『人間』は、変わらず『食べる事』が主流のまま生きて行くのです。


過疎地には『過疎地という問題』を抱え、過疎地であるがゆえに『不便』という代名詞にもなっています。

『自給自足』という言葉が流行していましたが、いまは『地産地消』という方向性も行き詰っています。

であるのであれば、新しい『方向性』を指し示す『アイデア』が必要です。


具体的な方向性を『書きだす』ということは、私たちが提案出来るものではありません。

『ヒント』としては、『地域再生の一歩』という事でしょうか?


『農業・林業・漁業』 ・・・ ここをどうするかという事に大きな『ヒント』があります。

『人が食べていくには働くしかないのです。』

『人間の原点』は ・・・ 『助け合いの相互扶助』です。


都会は便利になるでしょう。

『過疎地は人間的に便利になる』

そこに、今後の『身の振り方』が ・・・ あるのでは無いかと思います。


詳しくは書けないのですが、『いま、過疎地では働く人を求めています。』

働き方は『千差万別』 ・・・ 私たちは『主役』になれるという条件を提示しています。



詳しくは、お問い合わせを!


基本的に前述していますが当『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に
本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。
プロフィール

nippon47ouendan

Author:nippon47ouendan
『NPO法人日本応援団』のブログへようこそ!
大それた名前ですが、『村祭り』を紹介し『地域活性化』に貢献できればと名付けました。」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR