FC2ブログ

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第八十六回目の投稿です。


一昨年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『28ヶ月』に入りました。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってありますので『クリック』して見てください。





全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
                               (2017年5月統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載された『日本の村の人口順位』からのものです。




2016.9. 9に(No.46:岡山県:新庄村)地域の紹介を掲載して、次に(No.51)山梨県丹波山村・(No.56)高知県馬路村・(No.57)長野県王滝村・(No.58)高知県大川村・(No.59)東京都青ヶ島村(No.60)・沖縄県渡名喜村・(No.61)長野県売木村・(No.62)奈良県上北山村.・(No.63)和歌山県北山村・(No.64)北海道音威子府村・(No.65)山梨県小菅村・(No.66)長野県根羽村・(No.67)長野県平谷村・(No.68)奈良県下北山村・(No.69)熊本県五木村・(No.70)奈良県野迫川村・(No.71)北海道神恵内村(No.72)・山梨県道志村・(No.73)奈良県黒滝村・(No.74)長野県南相木村・(No.75)愛知県豊根村・(No.76)神奈川県清川村・(No.77)沖縄県島しょ部・(No.78)沖縄県以外島しょ部・(No.79)鹿児島県三島村・(No.80)長野県北相木村・(『(No.81)山梨県丹波山村、(No.84)長野県南相木村そして『(No.85)長野県平谷村』を紹介させていただきました。

(前述、村のホームページは上記『日本の村の人口順位』で探して下さい)





今回は、(No.58)で紹介をした『高知県大川村』を再度、取り上げたいと思います。

前回、紹介をした『2月8日現在』 ・・・ 『村民:406人(2016年10月31日現在)』と国内で最も人口の少ない村という説明をしました。

『ウィキペディア』の推定人口では『385人(2017年5月1日)』と、流出(?)が止まりません。

地理的位置は高知県の北側、愛媛県に接している『山の中』です。

産業については、白滝鉱山による『銅』を発掘していた歴史はあるが『鉱毒水』の公害問題により閉山(大正以前の話)。

以降、4,000人もいた村人は減少の一途をたどった ・・・ とのこと(1977年以降の話)。


1977年に完成した『早明浦ダム』により村の大部分が水没し鉱山の閉鎖により林業への転換も無く、減少に歯止めがかからなかったようです。

また、山林に囲まれた地域での農業より『家畜の飼育』 ・・・ 特産品として『大川黒牛』や『土佐はちきん地鶏』や地元の『お茶』などが育てられている。

毎年、『11月3日』には『謝肉祭(大川黒牛のバ~ベキュ~)』を開催し ・・・ 『大川村』をアピ~ルしている。(今年の謝肉祭のチケットは完売した模様です。)


その『大川村』 ・・・ 『村議会の廃止』を提案し、『直接民主制の村総会』を検討しているとの事。

村の存続を脅かされる中、『村役場』は何人で運営されているんでしょうか?


当『NPO法人日本応援団』としては、この『大川村』に移住される方に提案をして行きたいと思います。

村では、『平成29年度大川村地域おこし協力隊募集』を ・・・ 『一般社団法人 大川村ふるさとむら公社 職員募集』(2017年7月20日更新)


また、移住するための住居については ・・・ 『大川村空き家等対策計画について』を確認の上、
村役場担当課(0887-84-2211)まで、ご相談ください。




『村づくり推進課』による『ふるさと村民制度』があり、『年会費:1万円』がかかりますが『村民証』と『年4回:ふるさと小包』をお届けします。

年会費の活用は、『ふるさと小包便』の運用に代えさせていただきますとの事。


最初の一歩は ・・・  『ふるさと村民』に登録をし、大川村に興味を持った方 ・・・ 大川村支援の『アイデア』があれば送ってあげてください。

年4回の『ふるさと小包便』が届きます。(PDFをクリックして、確認して下さい!)








『NPO法人日本応援団』は、『村の活性化』を前提とした情報を拡散しています。



最終的には、『村に住む』という事を前提に納得できる『村』を見つけていただく事が大事な事だと思います。

ちなみに参考にして欲しいかなという事で紹介します。


『 小さな村に移住した』を書かれている『はるさん』のブログです。

『移住』をする事によって、さまざまな問題が発生するという内容もさることながら ・・・ 非常に参考になると思いますので、憬れだけでは暮らしてはいけません。

そんな事が『悪戦苦闘』 ・・・ 参考になると思います。






いつものように、引き続きのお願いです。

今まで通り、お伝えしたい近所の『村祭り』などの情報がありましたら、ご一報ください。

当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を ・・・ 『ポチッ!』っと、押していただければ励みになります。

よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。
スポンサーサイト

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第八十五回目の投稿です。


一昨年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『28ヶ月』に入りました。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってありますので『クリック』して見てください。





全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
                               (2017年5月統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載された『日本の村の人口順位』からのものです。




2016.9. 9に(No.46:岡山県:新庄村)地域の紹介を掲載して、次に(No.51)山梨県丹波山村・(No.56)高知県馬路村・(No.57)長野県王滝村・(No.58)高知県大川村・(No.59)東京都青ヶ島村(No.60)・沖縄県渡名喜村・(No.61)長野県売木村・(No.62)奈良県上北山村.・(No.63)和歌山県北山村・(No.64)北海道音威子府村・(No.65)山梨県小菅村・(No.66)長野県根羽村・(No.67)長野県平谷村・(No.68)奈良県下北山村・(No.69)熊本県五木村・(No.70)奈良県野迫川村・(No.71)北海道神恵内村(No.72)・山梨県道志村・(No.73)奈良県黒滝村・(No.74)長野県南相木村・(No.75)愛知県豊根村・(No.76)神奈川県清川村・(No.77)沖縄県島しょ部・(No.78)沖縄県以外島しょ部・(No.79)鹿児島県三島村・(No.80)長野県北相木村・(『(No.81)山梨県丹波山村、そして『(No.84)長野県南相木村』を紹介させていただきました。

(前述、村のホームページは上記『日本の村の人口順位』で探して下さい)





今回は、(No.67)で紹介をした『長野県平谷村』を再度、取り上げたいと思います。

2017年4月16日現在で、『長野県で最も人口の少ない自治体』となっていますと書きましたが、2017年8月1日現在では『438人』と更に減少をしています。


地理的位置を再度お伝えします。

長野県の南西部、岐阜県に接し標高1、500mの山々に囲まれた村で、村の中心部では標高900mの平坦地が広がります。

夏は涼しく冬は厳しい気候の中で、年間平均気温は『9.3℃』 ・・・ 年間香水量は『2000mm』を越えるという多雨地帯です。


高齢者の多い過疎地域で、産業と言えば『農業と林業』 ・・・ 特に気になったのは『トウモロコシ』が大変美味しいという話題を見つけた事でしょうか?

『トウモロコシ』と言えば北海道と思ってしますが、この『平谷地区のトウモロコシ』 ・・・ 糖度が『20度』もあり、取れたてのものなら『生でかじって美味しい』と言われていました。


『トウモロコシもぎとり体験のご案内』 ・・・ 8月の半ばまでのイベントです。(20日では終わってるかも)


また、平谷村では『平谷村地域おこし協力隊』を募集しています。

詳しくは『クリック』して、村役場に確認してください。

『移住計画』から『就農計画』まで、村が一丸となって『サポート』してくれるそうです。


新しい自分を見つけることも、自分の未来を見つけることも、『最初の一歩』は行動あるのみです。






『NPO法人日本応援団』は、『村の活性化』を前提とした情報を拡散しています。



最終的には、『村に住む』という事を前提に納得できる『村』を見つけていただく事が大事な事だと思います。

ちなみに参考にして欲しいかなという事で紹介します。


『 小さな村に移住した』を書かれている『はるさん』のブログです。

『移住』をする事によって、さまざまな問題が発生するという内容もさることながら ・・・ 非常に参考になると思いますので、憬れだけでは暮らしてはいけません。

そんな事が『悪戦苦闘』 ・・・ 参考になると思います。






いつものように、引き続きのお願いです。

今まで通り、お伝えしたい近所の『村祭り』などの情報がありましたら、ご一報ください。

当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を ・・・ 『ポチッ!』っと、押していただければ励みになります。

よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第八十四回目の投稿です。


一昨年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『28ヶ月』に入りました。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってありますので『クリック』して見てください。





全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
                               (2017年5月統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載された『日本の村の人口順位』からのものです。




2016.9. 9に(No.46:岡山県:新庄村)地域の紹介を掲載して、次に(No.51)山梨県丹波山村・(No.56)高知県馬路村・(No.57)長野県王滝村・(No.58)高知県大川村・(No.59)東京都青ヶ島村(No.60)・沖縄県渡名喜村・(No.61)長野県売木村・(No.62)奈良県上北山村.・(No.63)和歌山県北山村・(No.64)北海道音威子府村・(No.65)山梨県小菅村・(No.66)長野県根羽村・(No.67)長野県平谷村・(No.68)奈良県下北山村・(No.69)熊本県五木村・(No.70)奈良県野迫川村・(No.71)北海道神恵内村(No.72)・山梨県道志村・(No.73)奈良県黒滝村・(No.74)長野県南相木村・(No.75)愛知県豊根村・(No.76)神奈川県清川村・(No.77)沖縄県島しょ部・(No.78)沖縄県以外島しょ部・(No.79)鹿児島県三島村・(No.80)長野県北相木村・(『(No.81)山梨県丹波山村、そして『(No.82)8月の夏祭り』を紹介させていただきました。

(前述、村のホームページは上記『日本の村の人口順位』で探して下さい)





今回、元に戻りまして『1、000人以下』となった村を紹介していきたいと思います。

何度も書きますが、この情報の『統計』の元となっている『村人の人数』は、ウィキペディアの『日本の村の人口順位』を参照させていただいております。



そして、今回 ・・・ 紹介する『長野県南相木村』 ・・・ 統計では『981人(2017年5月1日現在)』となっていますが、先日伺ったところ事務の方より『1、000人は切っていません!』との、ご返事をいただき ・・・ 統計上の行き違いがある事を実感しました。

その時、『住民の方の人数は?』と確認すればよかったのですが ・・・ あまりの事で『たじろいで』しまいました。



その南相木村 ・・・ 長野県の東南に位置し居住地の平均標高1,158.4メートルの山間の村 ・・・ あの御巣鷹山を目指し『十石峠』を行ったら ・・・ 峠道で目を回すでしょう!


時間はかかりますが、佐久市を回れば安全に行けると思います。


『峠道が走りたい方は、かなり上の方まで上りますので走行には ・・・ くれぐれも注意を!』



『南相木村』 ・・・ 行ってみると、のどかな風景の中に昔ながらの『蔵』や武家屋敷のような家があったり見とれてしまいます。


さらに、奥の方へ走って行くと『南相木ダム』があります。

この『ダム』 ・・・ 行ってみると普通に想像していた『ダム』とは違い、『ダム』の表面が『ツルツル』では無くて ・・・ 『岩が並んで』作られた ・・・ 『ロックフィルダム』と言うそうです。



また、南相木村には『観光スポット』としては、数多い『七つの滝』があります。

その一つ ・・・ 『おみかの滝』は、道路から歩いてすぐの場所にあり、落差16メートルの豪快な水量を落としています。


南相木村の『ホームページ』を見て、気になるのは夏に見られる星空の美しさでしょうか?


この夏、ぜひ足を運んで『星空の美しさ』を独り占めしてください。










『NPO法人日本応援団』は、『村の活性化』を前提とした情報を拡散しています。



最終的には、『村に住む』という事を前提に納得できる『村』を見つけていただく事が大事な事だと思います。

ちなみに参考にして欲しいかなという事で紹介します。


『 小さな村に移住した』を書かれている『はるさん』のブログです。

『移住』をする事によって、さまざまな問題が発生するという内容もさることながら ・・・ 非常に参考になると思いますので、憬れだけでは暮らしてはいけません。

そんな事が『悪戦苦闘』 ・・・ 参考になると思います。






いつものように、引き続きのお願いです。

今まで通り、お伝えしたい近所の『村祭り』などの情報がありましたら、ご一報ください。

当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を ・・・ 『ポチッ!』っと、押していただければ励みになります。

よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第八十三回目の投稿です。


一昨年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『26ヶ月』に入りました。



全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
                               (2016年10月統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載された『日本の村の人口順位』からのものです。




2016.9. 9に(No.46:岡山県:新庄村)地域の紹介を掲載して、次に(No.51)山梨県丹波山村・(No.56)高知県馬路村・(No.57)長野県王滝村・(No.58)高知県大川村・(No.59)東京都青ヶ島村(No.60)・沖縄県渡名喜村・(No.61)長野県売木村・(No.62)奈良県上北山村.・(No.63)和歌山県北山村・(No.64)北海道音威子府村・(No.65)山梨県小菅村・(No.66)長野県根羽村・(No.67)長野県平谷村・(No.68)奈良県下北山村・(No.69)熊本県五木村・(No.70)奈良県野迫川村・(No.71)北海道神恵内村(No.72)・山梨県道志村・(No.73)奈良県黒滝村・(No.74)長野県南相木村・(No.75)愛知県豊根村・(No.76)神奈川県清川村・(No.77)沖縄県島しょ部・(No.78)沖縄県以外島しょ部・(No.79)鹿児島県三島村・(No.80)長野県北相木村・(『(No.81)山梨県丹波山村、そして『(No.82)8月の夏祭り』を紹介させていただきました。

(前述、村のホームページは上記『日本の村の人口順位』で探して下さい)






引き続き、『村の紹介』をします。

『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市が本拠地であるため関東近辺の情報しか拾い集める事が出来ません。

基本的な『情報収集』は、連絡をいただいた『村の存在』を確認し取り上げています。

『村の増減率』から対象を『1,000人以下』となった村を取り上げています。



また『増減率』が『5%』を越えて村人の減少がある村も『移住促進』という意味でも取り上げています。


例えば、地震のあった『熊本県南阿蘇村』 ・・・ 本年5月1日現在『10815人:増減率ー5.98%』となっています。

『1万人の村で598人が流出』という計算になりますが、『1、000人の村』では約60人が減っていくという状態です。


その『減率』については、いろいろな要素があると思いますが ・・・ 逆転の発想で考えれば『活躍の場』があるとも言えます。



高齢化が進む村での仕事は『教わる』というところから始まります。


また、いまの『ネット社会』では教わらなくても『村に貢献』出来る要素は場所を選びません。

都会では『その他大勢』の一人であっても、減少する村にとっては『大事な一人』なのです。

いろいろな状況の中、『減少が続く村』では、働く ・・・ 働ける『人の力』を必要としています。



全く知らない場所に飛び込むには、『躊躇』という迷いは誰にでもあります。

『行ってもいいかな?』って思う場所がありましたら ・・・ 『村祭り』を見に行ってください。

『良いところ・悪いところ』 ・・・ 感じてもらえるかと思います。


『ここは良いところだ!』と思えるところがありましたら、ぜひ『移住相談』にお問い合わせください。

各村役場に窓口はありますので ・・・ 『日本の村の人口順位』から確認してください。






『NPO法人日本応援団』は、『村の活性化』を前提とした情報を拡散しています。



最終的には、『村に住む』という事を前提に納得できる『村』を見つけていただく事が大事な事だと思います。

ちなみに参考にして欲しいかなという事で紹介します。


『 小さな村に移住した』を書かれている『はるさん』のブログです。

『移住』をする事によって、さまざまな問題が発生するという内容もさることながら ・・・ 非常に参考になると思いますので、憬れだけでは暮らしてはいけません。

そんな事が『悪戦苦闘』 ・・・ 参考になると思います。






いつものように、引き続きのお願いです。

今まで通り、お伝えしたい近所の『村祭り』などの情報がありましたら、ご一報ください。

当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を ・・・ 『ポチッ!』っと、押していただければ励みになります。

よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。
プロフィール

nippon47ouendan

Author:nippon47ouendan
『NPO法人日本応援団』のブログへようこそ!
大それた名前ですが、『村祭り』を紹介し『地域活性化』に貢献できればと名付けました。」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR