でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第四十二回目の投稿です。


昨年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『12ヶ月』が、過ぎました。


全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
                                                           (2015年5月統計・他有)
ちなみに、この統計は『日本の村の人口順位』からのものです。




前回から掲載方針を変え、、『日本の村の人口順位』から人口流出『10%』という減少率から、無くなりつつある『村祭り』を紹介させていただくこと、また『就農計画』を打ち出している『村』を探して協力できればというスタンスにしました。


『大きなお世話』だと思われそうですが、『村の発展』に拘ること ・・・ 限界集落の報道に加えて人口流出による『村の危機』を防げれば ・・・ また『農業・林業・漁業』を志す若い人たちの活躍の場所が提供できるとするなら、高齢化が進む『村』を若返らせ、若い人たちに高齢者の方からの『自然と共生する暮らしのヒント』を伝授していくことの未来に向けてのアプローチ!



『IT産業』が華やかさを放っている現代社会に於いて、『自給自足の原始生活』は生きていく基本です。

どんなに『お金(現金)』を持ったとしても、食べていくという行為は生きていくためには必要不可欠です。
『高級ワインや高級レストラン』での食事もいいでしょう ・・・ でもね、全ての人が『その生活を維持』出来ることはありません。
出来るなら、毎日食べるものは ・・・ 毎日食べられる事を前提とした食物連鎖が必要だと考えます。
『安かろう ・・・ 悪かろう』では、体にいい事はありません。


基本的な考え方は『自分で食べて美味しい』 ・・・ 誰かに食べて欲しいから『少し多めに作る』 ・・・ 『お金は等価交換の対価』です。


『100円が基準』 ・・・ 『1000円が当たり前』 ・・・ 『価値観は人それぞれです』 ・・・ 全てを均等になんて出来ません。

出来ないけど、考え方の違いで均等にすることは出来ます。

それを実践し行くためには、最初の一歩を踏み出さなければ実証は出来ません。


私たちの実証は『最初の一歩』 ・・・ 『NPO法人日本応援団』を立ち上げたことです。


この設立初年度は『ホームページの公開』 ・・・ 認知活動に手段を集約してきましたが、思い込みの違いが顕著に出ました。
その点については『反省』し、今回このような展開を設定し『思考』しています。

このような団体は『会費』を頂くことにより活動をしていますが、当『NPO法人日本応援団』は『情報』を頂く方はいますが『会員』は集まる程の『認知活動』が出来ていません。


役員にも『有名な方』の存在はなく、企業からの『寄付』もありません。
純粋に『村祭り』を無くさないで『村の活性化』を模索し、『利益追求』もなく ・・・ まったくの『ボランティア』でも、役に立てればという思いだけで続けています。


1年を迎え基本に戻り、当『NPO法人日本応援団』を考えた存在価値について記しておきたいと思います。

まず、当『NPO法人日本応援団』を創るきっかけになったのは、代表理事の『人工透析』による自宅待機という健康問題からでした。

外で仕事が出来なくても自宅で出来る仕事があれば ・・・ との話し合いの結果、『パソコンで出来る社会に貢献できる仕事』という流れの中で『過疎地の衰退する村祭り』を紹介しよう(かなり、曖昧な発想) ・・・ それが役に立つかもしれないと!

そんな単純な発想の中で調べていくと様々な問題を見つけてしまう訳です。


『過疎地になる村の人口流出問題』 ・・・ 若い人たちが村から都会へ出ていき、戻ってこない。

『多くの村での空き家問題』 ・・・ 人の住んでいない家屋は荒れ放題になるという事実。

『都会での暮らしは、目的のない契約社員の使い捨て社会』 ・・・ 魅力を感じる自然との共有生活への回帰!

人生リタイヤのための高齢者にも住みやすい『村への移住促進』 ・・・ 働ける人に働ける場所を!

等々 ・・・ 考えていると、無限に発想が広がります。


若い人が都会で埋もれてしまうなら ・・・ 『自然と暮せる村での仕事を探す』 ・・・ 『基本自給自足』 ・・・ 若い人も『村社会』では『ヒーロー』になれるチャンスが ・・・ 一人より二人・三人と増えていけば ・・・ 『村での生活には高齢者の師匠がいます』

都会で埋もれてしまうよりは『考え方を180度』変えても、『自然と共生する村の暮らしは人間的』 ・・・ などと展開していきます。


私たちは『代表理事』の健康面から立ち上げた『NPO法人日本応援団』を続け、さらに展開できる次の『策』を計画しています。

すべては、『過疎地となる村の活性化のために』 ・・・ そして『村祭り』という先祖代々から脈々と続いてきた『風習』を残していくことが出来れば ・・・ 生きている証となる ・・・ そんな風に考えています。



引き続き『会員募集』をしていますが、『展開計画』を支持していただけるだけの『寄付』も受け付けています。

『寄付』については『等価交換の対価』を、お返ししています。

『100円』でも『10、000円』でも、人の感じる価値観は同等だと考えています。
(でも、『100円』では、赤字になってしまいますので ・・・ !)

また、『会員』になっていただける方には『展開計画』としての資料を送付させていただいています。





今まで通り、お伝えしたい近所の『村祭り』などの情報がありましたら、ご一報ください。

当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を ・・・ 『ポチッ!』っと、押していただければ励みになります。

よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。


追伸:『NPO法人日本応援団』のステッカーが出来上がりました。

    思ったより『仕上がり』は良いと ・・・ 自画自賛です。
スポンサーサイト

テーマ : ちょっと、お出かけ
ジャンル : 地域情報

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第四十一回目の投稿です。


昨年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『12ヶ月』が、明日です。


全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
                                                           (2015年5月統計・他有)
ちなみに、この統計は『日本の村の人口順位』からのものです。





昨年度は設立初年度という事もあり、『日本の村の人口順位』から人口流出『10%』という減少率から、無くなりつつある『村祭り』を紹介させていただくことにより『村の存在を知って頂く』という計画の下、進めてきましたが思うような成果が得られず ・・・ その中でも返答のあった『山梨県丹波山村』にスポットを当て紹介をしてきました。

残念なのは、当『NPO法人日本応援団』としての『アプローチ』を理解していただけなかった ・・・ という一点ですが、送った『メール』の内容が理解できなかったのかと反省しています。

そんな中で、当『NPO法人日本応援団』のスタッフが見つけた気になる『村』がありました。

といっても検索している途中で、当『NPO法人日本応援団』の存在価値を高めるためには理念が同じ ・・・ という意味合いで、高知県の『馬路村』に辿り着きました。

まずは『馬路村(うまじむら)』の『ホームページ』クリックして、ご覧下さい。

当スタッフが『えらく感激』した話です ・・・ 高知県の中で人口が2番目に少ないというところですが、気に入ったのは『村民の反対により合併協議を離脱』という『自立意識の高い村』だということです ・・・ その昔、矢祭町が合併しない自治体として話題になりましたが、中央(政府)からの援助も受けないというような『自立』を目指したという事で気にしてましたが、そんな事を実践している『村』があるなんて ・・・ 思ってもなかった話です。

でも、『村』への連絡を取る中 ・・・ この村のホームページの中で『どんな村なんだろう?』と紹介のタイトルをクリックすると、リンクが『馬路村ふるさとセンター まかいっちょ家 』に変わりました(クリック)

そこには『村』の特産やら観光案内や情報が ・・・ 盛りだくさんで  またまた、その中で『はいっ!特別住民課です! ・・・ 大募集中 』クリックすると飛びます ・・・ で読んでいくと下の方に登録申請が

もちろん、情報の欲しいスタッフは ・・・ 登録申請をしましたけど!

対応の早さが ・・・ 素晴らしかった ・・・ と ・・・ 感動してました


で ・・・ 『NPO法人日本応援団』としては、この『村』を応援する為、また『グローバルな視点』で、特産品の『ユズ』に関する商品等を世界に発信出来たら ・・・ (国内にとどまらず) ・・・ 役に立つ ・・・ まさに、応援団としての役割ではないか ・・・  という結論に達しました ・・・ 山梨県丹波山村も東京から3時間で大自然を満喫できるという意味では ・・・ お勧めのスポットですが

第二弾として『高知県・馬路村 』にスポットを当て応援します。


また、今まで通り、お伝えしたい近所の『村祭り』などの情報がありましたら、ご一報ください。

当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を ・・・ 『ポチッ!』っと、押していただければ励みになります。

よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。


追伸:『NPO法人日本応援団』のステッカーが出来上がりました。

    思ったより『仕上がり』は良いと ・・・ 自画自賛です。

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第四十回目の投稿です。


昨年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『12ヶ月』が、明日です。


全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
                                                           (2015年5月統計・他有)
ちなみに、この統計は『日本の村の人口順位』からのものです。



今回は今までと違って、個別の案内をしたいと思います。

場所は、長野県下伊那郡売木村軒川525-1 にある『ペンション風の森』のご紹介です。

特に、何かがあるという訳ではないですが『村役場』に『メール』を送り、こちらの趣旨を伝えているのですが『音沙汰無し』という現状に、『村役場』へのアプローチをやめ地元で商売をされている企業さんやら小さなお宿さんやら連絡を取ろうとして手筈をしていたのですが ・・・ たまたま『ペンション風の森』さんのホームページが『見当たりません』となっていたので、電話をしてみました。

もちろん、電話で連絡が取れたら『案内』をするつもりだったのですが、『コール』はするけど繋がりません。

あきらめて、他を当たっていると『折り返し電話』が掛かってきました。

とっても迷惑な話だと思いましたが、『ホームページのリンクが消えている』旨を伝えますと 、業者さんに任せっきりで良く解らないとの事 ・・・ 『ドメイン』の設定があるので業者さんに連絡をして復活出来るようにお願いした方がいいですよ ・・・ と!

そんな話から、当『ホームページ』への掲載をお願いしたところ『許可』をいただきましたので『協賛企業』として掲載をさせていただきました。

長野県下伊那郡売木村 ・・・ 名古屋からは下道で『約3時間ほど』 ・・・ 東京からは中央高速を使って『約4時間(ほど)』ですが、長野県の南の端っこ ・・・ 山の中の村です。

とっても不便なところですが、不便ということは ・・・ 言い換えれば、自然がいっぱいということです。

時間の流れが ・・・ 深呼吸をさせてくれます。

夏の夜空は ・・・ 『絵にも描けない美しさ(?)』 ・・・ 流れ星だって ・・・ 見放題!

峠に足を延ばせば ・・・ 帰り道が解らなくなるくらい『時の流れを忘れてしまう』 ・・・ そんなところにある『小さなお宿:ペンション風の森』 ・・・ 今からでも『予約』を入れて、夏の夜空を独り占めしてみませんか?

『予約』を入れると気のは『NPO法人日本応援団』からの紹介です ・・・ とでも言って下さい。

特典は何もないかもしれないけど(笑)


今後。『地域活性化』を念頭に『お勧めの ・・・ !』という、お知らせを届けたいと思います。

ちなみに、掲載される内容は『許可』のあるものだけなので、あくまでも『情報提供』となります。

内容に『偽りあり』と思われる事があれば『ご一報』ください。


また、今まで通り、お伝えしたい近所の『村祭り』などの情報がありましたら、ご一報ください。

当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を ・・・ 『ポチッ!』っと、押していただければ励みになります。

よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。


追伸:『NPO法人日本応援団』のステッカーが出来上がりました。

    思ったより『仕上がり』は良いと ・・・ 自画自賛です。

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第三十九回目の投稿です。


昨年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『12ヶ月』が、もうすぐです。


全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
                                                           (2015年5月統計・他有)
ちなみに、この統計は『日本の村の人口順位』からのものです。




前回の『ブログアップ』してから、掲載中の『日本の村の人口順位』を参考に『増減率マイナス2桁』を中心に、掲載のご案内として『メール』を送らせていただきましたが、送付させていただきました『各村役場』からは『自動返信』の受付ばかりで、肝心な情報は一切ありません。


届いてくるのは、『会員』でも無い方からの『メール』ばかりですが ・・・ 実際に見に行くという事も出来ない現状では『届けられた情報』をネットで調べて掲載するという手立てしかありません。


当『NPO日本応援団』としては、『村役場』の手伝いが出来ればと言う前提での行動が、お届けできる『承認』という意味でも信頼性をいただけるものと思っています。


『村役場』から頂ける『情報公開』は、私たちの『理想を実現』させることが出来る『最初の一歩』です。


ある方からは『問いかけに返事もない村役場を応援する必要があるのか?』と言われますが、当『NPO法人日本応援団』としては、『地域活性化』 ・・・ 『過疎地への労働力の提案』を元に動き出した経緯がありますので『増減率がマイナス地域』に限って連絡を取らせていただいていますが、最終的には『トップの沖縄・読谷村』まで連絡を取らせていただきたいと考えています。


あくまでも、関東からの発信ですので『情報公開』は寄せられた『メール』による提案のネットでの『収集』です。


本来であれば、『村役場』からの『時系列の情報』が掲載出来れば、お役に立つのではないかと考えています。



また、今まで通り、お伝えしたい近所の『村祭り』などの情報がありましたら、ご一報ください。

当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を ・・・ 『ポチッ!』っと、押していただければ励みになります。

よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。




追伸:設立1年を迎えるにあたり、当『NPO法人日本応援団』のステッカーを作成いたしました。

『6月10日』の手元に届きます。

情報をいただいた方に些少ながら、お礼の品として『送付』させていただきたいと思います。

当ホームページの認知活動の一環として、よろしくお願いいたします。
プロフィール

nippon47ouendan

Author:nippon47ouendan
『NPO法人日本応援団』のブログへようこそ!
大それた名前ですが、『村祭り』を紹介し『地域活性化』に貢献できればと名付けました。」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR