でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第三十二回目の投稿です。


昨年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『7ヶ月』を、過ぎました。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
                                                           (2015年5月統計・他有)
ちなみに、この統計は『日本の村の人口順位』からのものです。



今回は『村の活性化』を具体的に推進するための手順を書いてみたいと思います。

まず ・・・ 『農家で生計を立てたい』と思った方 ・・・ 地方の村では『畑も田んぼ』も余っています。

余っているという言い方は語弊がありますが、『休耕地』といったら解りやすいでしょうか?

だからと言って、明日から『田んぼ』を借りて農業に勤しむ ・・・ なんて事は制約があって出来ません。

農家になるためには、農家になるための手順があります。

それを履行しないと借りたくても『田んぼ』は貸して貰えません。

そのサイトを紹介します ・・・ 『初めての農業 農家になる方法』をクリックしてご覧ください。

以下、抜粋します。

第一に、新規就農者の中には、田舎暮らしと農業を混同しているケースがあります。
田舎暮らしとは、職業ではなくライフスタイルです。
一方、農業というのは職業です。つまり、田舎暮らしに憧れて農業をするという時点で、話がおかしいのです。

ここに、農家として生計を立てるという意味での第一段階 ・・・ 覚悟が必要ですと書きこまれています。

さらに、抜粋します。

ただし、新規就農で成功して、本を執筆するレベルの人などは、ごく一部です。
多くの新規就農者は失敗しています。
そういう「普通の新規就農者」の実態はどのようなものなのか、それがこれから新規就農を目指す方々にとっては、最も求められている情報ではないでしょうか。

そして、最後に綴られているのは ・・・

このホームページでは、農業とはどのような職業なのか、全くの素人が農業に転職する場合、どのような知識が必要なのか、また資金はどのくらい必要なのか。
私の持てる知識を、すべて詰め込みました。

との事ですので、じっくりと読んで欲しいのですが ・・・ 当『NPO法人日本応援団』は、理事長が『人工透析』をしている関係上、周りのスタッフも出かけて『地域活性化』に参加をするという事が出来ません。

出来るのは、『理事長』が『ネット』を駆使して情報を拡散することしか体調面からの関係上出来ません ・・・ 『バックアップ』という意味では『地方農業の自立支援』という事でしょうか ・・・ ?

詳しくは書けませんが、私たちは『独自の流通経路』を開拓するという『ネットワーク』を利用した販売活動を支援することが、使命かなと思っています。

今日は、入り口部分を紹介させていただきました。

減少する『村での生活』は、便利とは懸け離れた『自立志向』の生活になります。

ただ、一人では『一人分の力』は無力だと知るでしょう ・・・ 『3人集えば文殊の知恵』と言われるように『3人いて一人分』という現実を見ていただくことに気づいてほしいと思います。

私たちは『NPO法人日本応援団』です。

ありとあらゆる『バックアップ』を試行錯誤しています。



『提案』として、ご意見を頂けるなら ・・・ 当『NPO法人日本応援団』にご連絡ください。

今日も、長々と最後までお読みいただき ・・・ ありがとうございます。

お読みいただいた際には『拍手』の欄を ・・・ 『ポチッ!』っと、押していただければ励みになります。

よろしくお願いします。
スポンサーサイト

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第三十一回目の投稿です。


昨年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『7ヶ月』を、迎えました。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
                                                           (2015年5月統計・他有)
ちなみに、この統計は『日本の村の人口順位』からのものです。



今回は、北の大地:人口減少率20%となっている『北海道音威子府村』(おといねっぷむら)を紹介したいと思います。

環境は、『過酷』としか言葉が思い浮かばないほど気温の変化が激しく、夏は30度ほど暑くなるが ・・・ 冬になれば、そのまま『マイナス』が付くほど信じられないまでに冷え込む ・・・ 基本的な生活は『酪農と畑作』が行われているとの事。

あいかわらず『ホームページ』は村の良いところばかりがアピールされていますが ・・・ 日本の村に関して、どこでも言える事ですが『存続のための具体的な企画が無い』 ・・・ 『希望的観測』だけではなくて、いま何が足りないのか ・・・ 真剣に呼びかけて欲しいとも思うけれど、思い浮かばないから『きれいごと』で過ぎ去ってしまうんだろうな ・・・ という事が気になってしまう。

もし、あなたが『限界集落』 ・・・ 『過疎地に住むためには何が必要か』 ・・・ 思いついた人は、当『NPO法人 日本応援団』にご連絡、もしくは気になっている『村役場』に直接ご意見をお伝えください。

『提案』として、ご意見を頂けるなら当『NPO法人 日本応援団』にご連絡ください ・・・ あくまでも、『ご意見』という事で各『村役場』にお伝えしたいと思います。


今日も、長々と最後までお読みいただき ・・・ ありがとうございます。

お読みいただいた際には『拍手』の欄を ・・・ 『ポチッ!』っと、押していただければ励みになります。

よろしくお願いします。

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第三十回目の投稿です。

今日は『成人の日です』 ・・・ 新成人の方、おめでとうございます

昨年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『7ヶ月』を、迎えました。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
                                                           (2015年5月統計・他有)
ちなみに、この統計は『日本の村の人口順位』からのものです。


今回は、『成人の日』という日にちなんで、順位111位の群馬県南牧村を再び紹介をします。

人口増減率『-19.34%』 ・・・ 高齢化率は2006年10月より日本一となっているとの事!

村の平均年齢は62.5歳(男性:60.5歳、女性:64.1歳) ・・・ 国勢調査より

ちなみに、『村のホームページ』では平成22年10月現在となっているので現在の詳細は不明です。

ただ、利用している『日本の村の人口順位』については『2015年9月1日現在』となっているので直近のデータだと思われます。


『南牧村』のホームページをご覧ください。(村名をクリックするとページが開きます。)

思うのですが ・・・ 『ホームページ』を見て、村の概況や訴えたいことが ・・・ というより『真実を伝えていない』というところが気になります。

お読みいただいている読者の方は、気になっている『村』がありましたら『日本の村の人口順位』を確認して、『ホームページ』をご覧の上、厳しいご意見を『村長宛て』送ってください。

お読みいただいている『あなた』は村の存続について、どんな風にお考えなのでしょうか?

『NPO法人 日本応援団』としては、『村祭りの存続』をテーマに『高齢化:過疎化』をしている『限界集落』となりそうな村を活性化するために情報を開示しています。

都会で暮らす『便利さになれた人』 ・・・ 『24時間働けますか?』というような過疎地で新しい自分を創りだす ・・・ そんな意欲のある人に『村の暮らし』を感じていただきたいのです。

そして、東京から3時間ほどで行ける場所 ・・・ 群馬県甘楽郡南牧村 ・・・ 『ホームページ』にあるような綺麗ごとは観光客にとっては『良い事だらけ』ですが ・・・ 実際に暮らすとなると『あんびり~ばぼ~』な話ばっかりだと思われます。

でも、最初に掲げた『村の高齢化率』を見ていただければ、最初の一歩を変えていくのは『移住してくる若い力』という事になります。

『名もなく貧しく美しく』なんて理想は ・・・ あくまでも『理想』でしょうが ・・・ 埋もれてしまう世の中で『ヒ~ロ~』になれるのは、移住をしてくる『あなたたち』の役目です。

都会の波に飲み込まれ、人知れず淘汰されてしまうか ・・・ 『フェイスToフェイス』の血の通った ・・・ ウザったい人間づきあいでの『自分発見か?』

その『鍵』を握るのは ・・・ 興味を持った『あなた』という事です。

『20代から ・・・ 働ける年齢不問』の人達まで ・・・ 移住は『村を活性化』する原動力となります。

不明な点は、興味を持った『村の村長』へ ・・・ 直接、お問い合わせください。

その際は、ぜひ『NPO法人 日本応援団のホームページ』を見てと、お伝えください。


今日も、長々と最後までお読みいただき ・・・ ありがとうございます。

お読みいただいた際には『拍手』の欄を ・・・ 『ポチッ!』っと、押していただければ励みになります。

よろしくお願いします。

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第二十九回目の投稿です。

あけましておめでとうございます

昨年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『7ヶ月』を、迎えます。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
                                                           (2015年5月統計・他有)
ちなみに、この統計は『日本の村の人口順位』からのものです。



『村の活性化支援』などと書くと、なんの事だと引いてしまいますが簡単に書けば『ふるさと納税』で『村』の支援者になって『村の株主気分』を味わってもらおうという企画です。

村人1,000人以下の財政は国からの借入金や対外費用の借入金が収入の半分以上を占めています。

『理想郷』なんて言葉があるのは夢のような話ですが ・・・ 『村の財産』は、『きれいな空気と水と織りなす大自然』でしょうか?

あなたが収めた『ふるさと納税』は、わずかなものでも『村にとっては資産』です。

『村』では『特産物』を自家生産し、販売し、日々を繋ぎとめています。

そんな『村』を訪ねてみるのも ・・・ また一考かとも思われます。

訪ねたときは『村役場』へ顔を出してください。

『村長』がいれば、村役場の人達がいれば、歓迎してくれること ・・・ 間違いありません。

『村の特徴』も、丁寧に話をしてくれるでしょう。

まさに『VIP』待遇だったり ・・・ 過剰な思惑は置いといて ・・・ 『ふるさと納税』をした村が、どんな所かを見るのもいいでしょ!

近所であれば、ぜひ ・・・ 出かけてみてください。

思わぬ発見があったりします。


今回は、北海道の神恵内村 ・・・ 神恵内村(かもえないむら)はアイヌ語で「カムイナイ」(美しき神秘な沢)からつけられたらしい。

場所は、札幌の左上の積丹半島の西側に位置し、漁業を中心に発展してきた村です。

村の名前をクリックすると『ホームページ』にリンクしています。(ご覧ください。)

村へ行く手段は『車かバスか』 ・・・ 『ホームページ』の『アクセス』をご覧ください。

時間的には、バスでも車でも約2時間半から3時間くらいとの事ですが、車で行ければ途中のロケーションの良い海岸線で一休みもいいものかと!




今日も、長々と最後までお読みいただき ・・・ ありがとうございます。

お読みいただいた際には『拍手』の欄を ・・・ 『ポチッ!』っと、押していただければ励みになります。


今年も、不定期ですが基本1週間に更新をしてきたいと思います。

よろしくお願いします。




テーマ : ちょっと、お出かけ
ジャンル : 地域情報

プロフィール

nippon47ouendan

Author:nippon47ouendan
『NPO法人日本応援団』のブログへようこそ!
大それた名前ですが、『村祭り』を紹介し『地域活性化』に貢献できればと名付けました。」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR