でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第二十六回目の投稿です。

今年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『5ヶ月』を、経過しました。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
                                                           (2015年5月統計・他有)
ちなみに、この統計は『日本の村の人口順位』からのものです。


今回は奈良県でも一番人口の少ない村 ・・・ 『175位:野迫川村』を紹介します。

奈良県南部の山間部に位置する村は、交通事情も悪く ・・・ 結果的に『手つかずの自然』があります。

『住めば、都』 ・・・ と言いますが、その不便さに都会からでは移住は無理でしょうか?

それなりの覚悟が必要かと思います。

『産業』としては、『わさび・しいたけ・あまご・凍り豆腐・ほうれん草』等の生産・養殖ですね!

もちろん、その他にも仕事はあるみたいですが ・・・ 『天空の國:野迫川村』にお出かけを!

夏は『宮の向い・北今西キャンプ場』で、漆喰の夜空に浮かぶ満天の星を見ながら ・・・

秋は夜明けから『雲海』の荘厳さを記憶に残してください。(条件により年中見れます)

奥高野にある野迫川温泉も、悠久の時間の流れを感じるには ・・・ のどかすぎるかも!

また、少し足を延ばして訪ねる『源平合戦』の面影 ・・・ 目を閉じて風を感じれば『脳裏に光景が』

そして、裏高野といえば『世界遺産:熊野参詣道小辺路(くまのさんけいみちこへち)』でしょうか?

是非是非、お近くの方は訪ねてみてください ・・・ 村役場に訪問し、村長さんと会ってください。
できれば、村の雰囲気とか連絡を頂ければと思います。

『村祭り』に限らず、各種『イベント』もあります。
『村の良さ』を知るには絶好の機会です。

絶対的過疎地での『人口増加』は、その村で暮らす事の『素晴しさ』 ・・・ 『過酷さ』を表現できれば、何事にも代えがたいものがあるのではないかと思います。

『情報を提供』という事では、協力していただける『会員』の方を募集しています。

『村祭りやイベント』をきっかけに、『第2の故郷』を作ってみませんか?

今日も、長々と最後までお読みいただき ・・・ ありがとうございます。

お読みいただいた際には『拍手』の欄を ・・・ 『ポチッ!』っと、押していただければ励みになります。
  
スポンサーサイト

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第二十五回目の投稿です。

今年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『5ヶ月』を、経過しました。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
                                                           (2015年5月統計・他有)
ちなみに、この統計は『日本の村の人口順位』からのものです。


今回の紹介は和歌山県としながらも、和歌山県から全国でも珍しい『飛び地』の自治体 ・・・ 『北山村』を紹介したいと思います。

和歌山県とありながら、隣接する町や村はすべて『三重県・奈良県』と和歌山県には接していない島流し的な状態の『北山村』

更に珍しいのは、国内で『ここだけ!』という特産物『じゃばら』という柑橘系の果実があります。

『じゃばら』は花粉症に効果があると言われ、『特産物』として村の『基幹産業』となっているそうです。

そんな北山村ですが、古来『良質の杉材』に恵まれ林業が主流でした。

その伐採した木材を筏に組んできた山川を流し『筏の村』としても栄えてきました。

最近では、その『筏流し』の伝統を継承する意味も込めて『観光筏下り』として復活 ・・・ 観光誘致の役割を果たしているとの事です。

自然豊かな『北山村』 ・・・ 日本で唯一『飛び地の村:北山村』 ・・・ 『アクセス』ここをクリックして確認ください。

大阪・名古屋から、車で『約3時間ほど』 ・・・ 早朝には『雲海』を見ながら大自然のパノラマを、ご覧いただくことも出来るそうです

参考に ・・・ こんな感じです ・・・ 『雲海』をクリックしてください。 

『ホームページ』を見るだけでも、『村のイメージ』が伝わってきます。

お近くの方は、行ってみてください。
できれば、村の雰囲気とか連絡を頂ければと思います。

『村祭り』に限らず、各種『イベント』もあります。
『村の良さ』を知るには絶好の機会です。

絶対的過疎地での『人口増加』は、その村で暮らす事の『素晴しさ』 ・・・ 『過酷さ』を表現できれば、何事にも代えがたいものがあるのではないかと思います。

『情報を提供』という事では、協力していただける『会員』の方を募集しています。

『村祭りやイベント』をきっかけに、『第2の故郷』を作ってみませんか?

今日も、長々と最後までお読みいただき ・・・ ありがとうございます。

お読みいただいた際には『拍手』の欄を ・・・ 『ポチッ!』っと、押していただければ励みになります。

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第二十四回目の投稿です。

今年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『5ヶ月』に、なろうとしています。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
                                                           (2015年5月統計・他有)
ちなみに、この統計は『日本の村の人口順位』からのものです。



10月の最終日に確認が取れなくて保留にしていましたが、『ホームページ』を見て載せることにしました。

『高知県馬路村』 ・・・ 高知県の東の方にある1000ⅿ級の山の中にある村民1000人足らずの村です。

アクセスは ・・・ 考えるだけで、気が遠くなりそうな ・・・ まぁ、そんな場所ではありますが『郷に入っては郷に従え』 ・・・ 山と川に囲まれた大自然の『真っ只中』 ・・・ 考え方を変えれば、『空はきれいで、空気もきれい ・・・ 時間の流れも穏やかで』 ・・・ 山に入れば、川で遊べば ・・・ 夜空を見上げれば、満天の星の下 ・・・ 宇宙の息吹が聞こえるかも ・・・ ?


そんな村で見つけました ・・・ 村人のつぶやき

『特別村民大募集!! 』 ・・・ 

特別に会員になって何かをしようと思っているわけじゃなく、小さな馬路村を気にかけていて下さい。

そして、気が向いたら、声を掛けて下さい。

僕らは、これから特別村民の皆さんと一緒になって、例えば夏は鮎をとったり、川原で宴会をしたりゆず祭りへ参加してもらったり青年団と運動会をやったり、おばちゃんのゆず寿司教室やったりと、田舎ならでは、馬路ならではの楽しみや体験を一緒にできたらいいなあーと思っています。


募集を始めて現在『特別村民』は、あっという間に『在住村民』よりも多くの登録がされたそうです。

かまんかったら、特別村民に登録しちゃって下さい。また、登録してもろうたら、馬路村特別村民証と馬路村応援団員証をお送りさせてもらいます。

あっ、村長室では、ごっくん冷えてます。

ありがとうございます。




『高知県馬路村』 ・・・ 

『ホームページ』を見るだけでも、『村のイメージ』が伝わってきます。

お近くの方は、行ってみてください。
できれば、村の雰囲気とか連絡を頂ければと思います。

『村祭り』に限らず、各種『イベント』もあります。
『村の良さ』を知るには絶好の機会です。

絶対的過疎地での『人口増加』は、その村で暮らす事の『素晴しさ』 ・・・ 『過酷さ』を表現できれば、何事にも代えがたいものがあるのではないかと思います。

『情報を提供』という事では、協力していただける『会員』の方を募集しています。

『村祭りやイベント』をきっかけに、『第2の故郷』を作ってみませんか?

今日も、最後までお読みいただき ・・・ ありがとうございます。

お読みいただいた際には『拍手』の欄を ・・・ 『ポチッ!』っと、押していただければ励みになります。

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第二十三回目の投稿です。

今年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『5ヶ月』に、なろうとしています。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
                                                           (2015年5月統計・他有)
ちなみに、この統計は『日本の村の人口順位』からのものです。


私たちは『村祭り』を通して ・・・ 『村祭り』を体感していただくことで過疎化も含め『村の存在』を知ってもらいたいという願いがあります。

そこには、消滅していく『村』という自治体があるという事を知って欲しいという思いも含め、人知れず『廃村』となるところもあります。

夏の暑すぎる夜や冬の寒さ厳しい夜に灯りも少ない『村』で、『闇夜』を体験した事がありますか?

見上げた空に、流れ星の囁きが溢れている ・・・ 『シ~ン』といった静寂の中で闇夜の中で降り注ぐ幾重にもわたる『スポットライト』が照らし出す光景は夢のようです。


先日、『と、ある発表』がありました。

『成長率2000%の日本企業』 ・・・ 『売上高成長率ランキング上位50社』が発表されました。

その中で上位に躍り出た会社は、『ゲームアプリ開発』等を行う『ベンチャー企業』だということでした。

個人的に『ネットゲーム』をする時間があったら、『種まき』でもしたいと思う人達の中で立ち上げた『NPO法人日本応援団』は、地道に『一歩一歩』歩む事によって『村の活性化』に繋がればいいのかなと思っています。

『村祭り』を風化させないためにも、後継者は必要です。

傍観者でも後継者でも『村を知る』という行動に出ることが出来る人を、私たちは『バックアップ』させていただきます。

いま、『村人が1,000人以下の村』を注目し紹介をしています。

北海道から沖縄まで ・・・ その中でも『村民:500人前後1,000人以下』という村が長野県や奈良県に集中しています。

当『NPO法人日本応援団』の代表理事は、『人工透析』のため現地に赴くことが出来ません。

代表理事の想いを形にするため、スタッフは『ボランティア』で動いていますが関東近県は訪問できても長野県・近畿地方までは足が延ばせません。

『情報を提供』という事では、協力していただける『会員』の方を募集しています。

『村祭り』をきっかけに、『第2の故郷』を作ってみませんか?

今日も、最後までお読みいただき ・・・ ありがとうございます。

お読みいただいた際には『拍手』の欄を ・・・ 『ポチッ!』っと、押していただければ励みになります。
プロフィール

nippon47ouendan

Author:nippon47ouendan
『NPO法人日本応援団』のブログへようこそ!
大それた名前ですが、『村祭り』を紹介し『地域活性化』に貢献できればと名付けました。」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR