でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第十回目の投稿です。

今年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開して、『2ヶ月』が過ぎました。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。(2015年5月統計・他有)

ちなみに、この統計は『日本の村の人口順位』からのものです。


その中でも『村祭り』を紹介し、近辺の方に『村祭り』を見に行き ・・・ またその様子を『情報』として連絡を戴き、『地域活性化』の為に ・・・ また、『Uターン・Iターン』を促進する『情報公開』することにより、都会から ・・・ 首都圏から ・・・ 地方都市から ・・・ 未知の地域へ ・・・ 仕事を探している方は『仕事』を ・・・ 『夢』を求めている人は『自然の中で』 ・・・ 『健康』を気にしている人は『きれいな空気の中で』 ・・・ 働くことも可能です。

『NPO法人日本応援団』は ・・・ 私たちの手に『日本を取り戻す』(大袈裟ですが ・・・ 真剣です(笑)!)

そのためには『村祭り』という入口を紹介するところから ・・・ 『知ってもらう』と言う事が『最初の一歩』だと思っています。

私たちは、『日本の祭り』が好きです ・・・ 特に、小さな村の『和やかな雰囲気』が好きです。

『村民:500人以下』の村にも『村祭り』はあります。

過去、村と呼ばれる以前から『氏神様に感謝する四季折々のお祭り』が『日本の祭り』の原点だと思います。

その『お祭り』を通して『地域活性化』に協力が出来るなら ・・・ 気に入った『村』で働くことも出来るなら ・・・ 村にとっては『一石二鳥』(悪い言い方ではありません!) ・・・ お役に立てるかも!

実行するためには、賛同していただける『会員』の方の協力が ・・・ 近所の『お祭り』を見に行って頂ける『会員』の方の協力が必要です。

また、『会費』等、費用に関しましては『日本で作られた商品』をお届けする商品代金として『Maid in Japan』の活性化に貢献できればと思います。(夢は無限です。)

まずは、最初の一歩です。

『会員』になっていただける方も、『情報協力』していただける方も、『ご参加』 ・・・ お待ちしています。

いつも長々と、お読みいただきありがとうございます。

スポンサーサイト

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第九回目の投稿です。

今年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開して、『2ヶ月』が過ぎました。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。(2015年5月統計・他有)


いよいよ、8月も終わりになってきて ・・・ これからは『五穀豊穣:秋まつり』が、展開されていきますね。

『夏祭り』は各地で盛大な『花火』が打ち上げられにぎわっていましたが ・・・ 『秋祭り』は、どんな状況なのでしょう?

いまだに、手探りの状態で『村役場』からは、前向きな話がありません。

自分たちの近くの、おもしろそうな『村祭り』とか、こんな『村祭り』もあるよと思われた方は ・・・ ぜひ、ご紹介ください。


連絡があった『村祭り』については『村役場』に確認の上、紹介をしたいと思います。

また『村祭り』を、紹介いただいた方は『1年間:無料会員登録』をさせていただきます。

『ご紹介』によっては確認の上、『会員サイト』へのご案内をさせていただきます。



今日は、こんな話を伺いましたので ・・・ ご紹介をいたします。

地図検索サイトの『グーグルマップ』 ・・・ 主要拠点により『ストリートビュー』で散歩をする事が出来ます。

行きたくても遠いから行けない ・・・ と言われる方も自宅にいながら『知らない街を散歩』 ・・・ 行った気になり見つけた『お店』に寄ってみる ・・・ (中は覗けないけど) ・・・ 行きたかった『駅』から、城下町を散策 ・・・ こんなところにこんなものが ・・・ と気づく ・・・ 駅前を歩いていると、結構面白いところを見つけたりします。

もっぱら、神社めぐりなどは街の広さを知るのに役立ちます。


私たちは、『村役場』をスタート地点にし、歩けるだけ歩いています。

自然がいっぱいの山や森や畑や田んぼ ・・・ 『アスファルト』のない道や農道であったり ・・・ 祠だけの神社を見つけたり!


ニューヨークやロンドン ・・・ シドニィーやらパースという町から ・・・ マウンテンビュー ・・・ エアーズロックにも行ってみたいけど ・・・ 現地まで飛行機で行ったら日帰りなんてできないし ・・・ でも、これだと『ひとっ跳び』


いま話題の『軍艦島』 ・・・ まったく ・・・ 『廃墟だね!』 ・・・ でも、スカイライトビュー ・・・ 行ったつもり!

ちなみに、廃墟の中までカメラが入ってるって ・・・ 驚きだ!

『立ち入りを禁止します  管理者』 ・・・ 看板がある!


こんな風に『村祭り』を求めて、『全国の村』を散策していますが ・・・ 時間があったら『遊んでください』

投稿いただければ、あなたの街まで ・・・ 『ひとっ跳び』 ・・・ では、次回まで『情報』をお待ちしています。

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第八回目の投稿です。

今年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開して、『2ヶ月』が過ぎました。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。(2015年5月統計・他有)

『村祭り』の情報を調べながら『村役場』のホームページを見ているんですが、岡山県にある『西粟倉村』のホームページより『環境モデル都市』をクリックしてください。

その『見出し』の中の『Uターン・Iターン』を開くと、また項目チェックの欄があります。

ここも『U Iターン情報』をクリックしてください。

そして、一番下『アイディア募集』を、お読みください。

お読みいただき、思いついたことがあれば『連絡』をしてあげてください。

また ・・・ 戻って『暮らし・手続き』の『産業』をクリックして『建築確認を要する建築物』を開いて、お読みください。

認識不足ですが、『建築確認』が条件によっては『不要』だったりするというのが『驚き』です。

と、あちこち巡っていると ・・・ 『あれ?』 ・・・ と、立ち寄ってしまいます。

今日は、日ごろ時間を見つけては探している状況を書いてみました。

津々浦々の『村祭り』を紹介したいとお思いの方は、ぜひ当法人の『ホームページ』より、お寄せください。

お待ちしています。

なお『村祭り』の条件ですが、極力『無名』な ・・・ 紹介をすることにより『活性化』に繋がるような、移住先が『期待』されるような『村』が ・・・ いいですね!

といっても、『村祭り』であれば『無条件』で調査ののち『掲載』させていただきます。

最後に、全国の『村祭り』に興味のある方は情報提供等『ご協力』いただければ、『支部長』としてのポストを用意しています。

ご検討のうえ気になる方は『詳細』を『メール』にて、ご請求ください。

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第七回目の投稿です。

今年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開して、『2ヶ月』が過ぎました。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。(2015年5月統計・他有)

今日は、こんな記事を見つけたので ・・・ 『転載』してみたいと思います。

地方は「好き嫌い」で物事を決めすぎる 「ゴマすりコンサルタント」採用も致命傷に

記事の内容は『クリック』して、ご覧ください。

私たち、『NPO法人日本応援団』は、『村祭り』を紹介することによる『地域活性化』に重点を置き、『地域の紹介』をしています。

『村民:500人以下』の村が、元の村のように『若い人たち』が ・・・ 仕事を抱えながら『村の将来を考える若い人たち』が増えていくような『施策』を提案していくのも『一考』かと考えています。

記事にあるような『既存の政策』では、費用だけが掛かり『中身がない』と言われるような『施策は愚の骨頂』と言わざるを得ません。

私たちは、『誰も損をしない施策』を掲げ、提案をしていくつもりです。

ただ、そのためには『村役場のバックアップ』が必要だと考えていますが、今のところ『提案』に応答があったのは『10%』にも及びません。

何処の村も『村人減少』の歯止めも効かず、『減少の一途』を辿っています。

私たちは『成功報酬』を要求するつもりもなく、『村』という『自治体』が好きな団体です。

現在ある『村』が存続するために、『村祭り』を存続するために ・・・ 『この指とまれ』と、声を上げたのです。

『保留』を戴いている『村役場』には、掲載も許可が出るまで『公表』はしません。

ただ、『ブログ』には、差し支えない程度のところで取り上げていきたいと思います。

今回は、ここまで ・・・ !

交渉中の『村役場』から、連絡があり次第『ホームページ』で紹介したいと ・・・ 待っているところですが!

   

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第六回目の投稿です。

今年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開して、『2ヶ月』が過ぎました。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。(2015年5月統計・他有)

集計をしてみたら、『村』のない県は『12』もありました。

一番多かったのが『長野県』 ・・・ その数『35村』 ・・・ その中でも『村民:479人の平谷村』(2015年4月1日現在) ・・・ クリックすると、ホームページに『リンク』しています。

『観光協会』もありました。(こちらも『リンク』しています。)

その前に、場所の確認を ・・・ 長野県の南西端に位置し、岐阜県に隣接。標高1,500m前後の山々に囲まれた山村で、村の中心部には標高900mの平坦地が ・・・ 内陸性気候で夏は冷涼 ・・・ 冬は寒冷で-10℃を下回るというような場所。

そんな中でも、『村の基幹産業はかつて農林業であったが、立地条件や地理的特徴を活かしてスキー場・温泉保養施設・平谷湖フィッシングスッポト等の交流施設の建設等さまざまな事業を行い、近年は観光等のサービス業に従事する率が増加し、就業者の半数を超えています。』と、書きこまれています。

そこで、『林業関係及び村の観光等情報発信をしていただける地域おこし協力隊を募集します。』 ・・・ と!(募集は終了しました。)が、ほとんどの村が、このような『地域おこし協力隊』(名前は違うが!)を募集しています。

都会には『夢』が掴めるほどに『チャンス』が、目の前にあるように日々が『ワクワク感』でいっぱいです。

でもね ・・・ それ以上に『村』での生活は、自分を取り戻す ・・・ 自分の未来を模索するには、良い時間が『ある』と思います。

都会にない『きれいな空気』と『満天の星空』 ・・・ 『耐えきれないほどの、ゆっくりとした時間の流れ』 ・・・ まずは、『村祭り』を見に行って、雰囲気を楽しんでみるのも ・・・ 『一考』かと思います。

この『情報』につきましては、今後、ピックアップしていきたいと思います。

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第五回目の投稿です。

今年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』 ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開して、『2ヶ月』が過ぎました。

『ホームページ』にカウンターを付けて、訪問されている人数を見ているんですが ・・・ 正しくカウントされていないという事実を知りました。

というより、友人宅にて『ホームページ』を見てもらうように話をして、開いたのですが ・・・ その時間にカウントされた形跡がないと確認したわけです。

不具合はいろいろありますが、あまりあてにせず『新着』だけでも確認していただければと思います。


今日から、全国的に『お盆』が始まります。
『夏祭り』も、これから始まりますが ・・・ 当『NPO法人日本応援団』の本来の目的は、この『村祭り』を紹介するという使命にあります。

全国各地で行われている『有名なお祭り』よりも ・・・ 小さな小さな『村祭り』を紹介し、近隣の方が行って頂くということに意義を感じています。

大きな『お祭り』で人ごみの中に埋もれてしまうより『村人総出』で、地元の神様に『五穀豊穣』やら『日頃の感謝』を現した『村祭り』 ・・・ 見たらきっと、何かを感じることがあるかもしれません。

私たちは、『村祭り』を紹介し、『村祭り』を見に行って頂き、『村祭り』を通して ・・・ 『田舎暮らしもいいかな』って、思える人に『移住』までお手伝いをします。

最終的には、『都会を離れて、第二の故郷へ』 ・・・ という『テーマ』を持って、この作業を進めています。

『各地の村』では、『移住作業員』を募集しています ・・・ 『1年契約』が多いですが、『2年・3年』と継続できる『村役場』もあります。

条件は『各村役場』で違いますので、気になった方は直接『各村役場』まで連絡を取ってください。

また、『希望の地域』がありましたら、こちらでも調べて『お知らせ』します。



都会では ・・・ きらびやかな都会では、日ごと夜ごと『パーティー』のような日常があります。

田舎では ・・・ 仕事のほかには何があるのでしょうか ・・・ たぶん、疲れて眠るのでしょう。

でも、『1年間、もしくは2年間、3年間』と、いう時間の中で『考える時間』はたくさんあると思います。

『満天の星』を眺めながら、時には『流れ星』に願いを込めながら ・・・
『悠久の時』に身を任せながら、漆喰の闇の中に『未来を夢見る』のでも ・・・
そんな思いに役立てれば、この『NPO法人』のスタッフになって、全国で自分の存在をアピールするのもいいでしょう。

『最初のきっかけは出会いから』 ・・・ ちなみに、当法人の代表理事は『人工透析』を受けているため、お会いすることは困難です。

自宅にて ・・・ (事務所にもいません) ・・・ メールでの作業をしていますので、お問い合わせは『ホームページ』のメールでお願いします。

テーマ : ちょっと、お出かけ
ジャンル : 地域情報

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第四回目の投稿です。

今年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』 ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを公開して、『2ヶ月』が過ぎました。

その間、『村祭り』の紹介をするべく各村役場に連絡を入れています。
基本的に全国の村を対象にしていますが返事を戴いた『村祭り』は、随時『新着コーナー』に掲載していくつもりです。

紹介をさせて戴いた『村祭り』の近所にお住まいの方は、是非お出かけください。

そして『村祭り』の状況を、ご連絡いただければと思います。

日本に住んでいながら、国内の津々浦々を知る事は無理ですが、『村祭り』を紹介する事によって関心を持っていただければと思います。

また、全国に『村祭り』を紹介したいと思われる方は、ホームページより、ご連絡ください。

よろしくお願いします。

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

『ずっと一緒にここで暮らそう』第三回目の投稿です。
今年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』 ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

『地域活性化』を政府が掛け声を上げ、いろいろな施策を掲げていますが一向に『過疎化』に歯止めが出来ず里村からは『人口流出』が止まりません。

都会は、ある意味『憧れ』があり 若い人たちにとっては、そこに『チャンス』があると思えるのでしょう。

その『チャンス』は 『夢』を追いかけるという意味では『無限』の可能性があります。
『千載一遇のチャンス』は、人ごみの中に埋もれています。
その人ごみの中で『夢』が掴めるとしたら、みんながみんな『夢』を形に出来ています。
その人ごみの中で『チャンス』があるとしたら、何を見つけることが優先事項でしょうか?

都会に暮らしていながら、そんな『チャンス』の流れの中にいながら、都会を離れることができないまま、自分たちに出来ることは何と考えていました。

『夢』の形が変わった瞬間です。

友人たちが、『夢破れ山河あり』と地元へと帰っていきます。

ある者は『劇団』を辞め、ある者は『ミュージシャン』を辞め、ある者は『会社』を辞め、実家のある地元に帰っていきます。

都会には『ブラック企業』と言われ、過酷な仕事をしている人たちがいます。
都会に住むため、高い家賃を払うため、しがみついている人たちがいます。
都会という『魔界』には、あなたの代わりは掃いて捨てるほどの人たちがいます。
『青春を刹那的に過ごす時間』が、気が付けば『使い捨て』となっている立場です。

そろそろ『気が付いてみませんか?』

『限界集落』が、いよいよ崩壊の時間を迎えています。
政治的な要因よりも、『便利さを求めた結果』だと考えます。
不便な『村』は、『自給自足の経済』の役にも立ちません。

でもね、考え方を変えれば『不便な村も天国に変わる』ということです。
『仕事』はあります。
『ブラック企業が低賃金長時間労働』と呼ばれるなら、『限界集落』は異常に過酷です。

過酷だけれど『ヒーロー』になれる要素がいっぱいです。
『使い捨ての人生』を歩むより、『足跡を残す人生』がそこにあります。

私たちは、そんな『過疎地活性化』を応援するために『NPO法人日本応援団』を立ち上げました。

ぜひ、法人名をクリックして『心意気』をご覧ください。
加筆修正をする部分もたくさんありますが、立ち上げたばかりですので『ご意見』等ありましたら、ご一報ください。

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん



第二回目の投稿です。

今年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』 ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

認可が下りてから、全国の『村』に『掲載許可』のお願いをしてきましたが、一番最初に返事を戴いたのが『山梨県丹波山村』でした。

他に、『許可待ち』を『村役場』の担当者から連絡をいただいていますが、確定するまでは基本的に掲載を保留にしています。

なぜ『保留』にしているかと書けば、ほとんどの『村役場のホームページ』は『リンクフリー』となっていて自由に掲載できるのですが、当法人としては『旬な情報』を掲載したいわけです。

そのためには、『村役場の担当者』との『コミニケーション』が必要だと考えているのです。

勝手に掲載をして、勝手に『伝える』という事では『紹介をする意味がない』ということです。

例えば、『山梨県丹波山村』 ・・・ 当法人の『ホームページの新着』をご覧ください。

『丹波山村の人口:600人』を100人も少なくなりました。

これでは『村の存続』が危ぶまれます。

そこで、『新着』をクリックして『8月』を見てください。

地域おこし協力隊地域おこし協力隊』では、さまざまな施策を用意しています。

都会に疲れた方 ・・・ 田舎暮らしをしてみたい方 ・・・ 新しい自分を発見してみたい方 ・・・ 生き方を変えてみたい方 ・・・ 等など、そのまま永住することも可能です。

協力隊をしながら、新しい地域でできることは驚くほどの発見があるはず!

このように、『いま、村が発信したい情報』を、お届けしたいのです。

最後まで、お読みいただきありがとうございます。

『NPO法人日本応援団』 ・・・ 紹介です。

第一回目の投稿です。

今年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』 ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

全国にある過疎化を騒がれている『村』にスポットを当て、『村祭り』を紹介することで地域を知っていただくという『サイト』です。

全国に『村』と認定されている地域が約150か所以上あり、その中でも『村人:500人以下』というところが『約30村』もあるという事実 ・・・ 知っている人は少ないでしょう。

でも、代々引き継がれている『村祭り』は健在です。

ほとんどの『村』は高齢化が進み、若い人がいなくなっているという事実が『村祭り』の存続を危うくしています。

そこで、『村祭り』の存続を含め『地域活性化』を考えたところ ・・・ 行ってもらう事が出来れば『村の活性化』になるのではないかと考えた次第です。

ちなみに、当法人の『代表理事』は『人工透析』を受けているため、外に出る事が出来ないくらいに体調が悪く自宅で『情報』を取集しているという状況です。

ただ、動けないからと言って何もしないのでは『人生の無駄』と言い出し、役に立てる事はないかと考え、行き着いたところが『限界集落の手助け』となり、『NPO法人』の設立となった次第です。

そんな思いに仲間たちが集まり『代表理事』の意向を理解し、ほとんど『ボランティア』で協力をしています。

まずは当法人の『タイトル』をクリックして、発展途上の『ホームページ』を ・・・ ご覧ください。

次回、経過を綴っていきたいと思います。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。



プロフィール

nippon47ouendan

Author:nippon47ouendan
『NPO法人日本応援団』のブログへようこそ!
大それた名前ですが、『村祭り』を紹介し『地域活性化』に貢献できればと名付けました。」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR