FC2ブログ

『村の復興は自給自足!Vol.3』

第211回目の投稿です。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
      (2019年10月1日統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。

『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にして全国にある『村の活性化』を案内しています。





今回も『村の復興は自給自足!Vol.3』です。

このところ、日本政府は『食料自給率』という問題に取り組む姿勢を見せ、アメリカとの『貿易交渉』によって『農産物の輸入解禁』という手に出ました。

ところが、世界では『食の安全』を考えた結果、アメリカからの『農産物の輸入禁止』という状況になっています。

結果的には『農産物に使われる農薬の危険性』を指摘し、禁止と言う状況となっている訳ですが ・・・ 

その『穴埋め』に日本が狙われた訳です。


そんな状況の中『食の安全』と言っても、日本経済が低迷している中『食料自給率』は『30%前後』

この状況は、国民全体で考えなければ解決はしません。

『農産物』の自給自足』は、従事者がいなくなる一方 ・・・ 都会では『働きたくても働けない人達』で溢れています。

問題は、『食の安全』です。


いま日本が立ち向かう問題は、たくさんありますが『食の安全』は大問題だと考えていおます。


その対応については、次回に!




基本的に前述していますが『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る
村として情報をお届け頂ければ掲載させて戴きたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 
『ポチッ!』っと押していただければ励みになります



よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。
スポンサーサイト



『村の復興は自給自足!Vol.2』

第210回目の投稿です。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
      (2019年10月1日統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。

『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にして全国にある『村の活性化』を案内しています。





今回は『村の復興は自給自足!Vol.2』です。

この記事を書き始めてから、世の中は急激な変化をしています。

目新しいところで『働き方改革』 ・・・ でしょうか?

いろいろなところで『働き方』に変化が出ています。

良くも悪くも、世の中が『格差社会』に迎合しています。


都会では『ブラック企業』の問題が取りざたにされ、

良くも悪くも『働き方改革』は『ブラック提案』です。

『消費税』は上がるが、賃金の伸び率は上がらず!

正社員にはなれないが、派遣社員は『ブラック企業』

都会で暮らすには、それなりの『リスク』があります。



そこで ・・・ 私たち『NPO法人日本応援団』は提案をします。

全国にある『183の村』では ・・・ 特に『1、000人以下の村』

過疎化が進み、農業に限らず『村の存続』が危ぶまれています。


そこに、降ってわいた『TPP』という、特に農産物の輸入化について

日本の誇る『食の安全』が ・・・ 脅かされています。

詳しくは書けないですが(調べて戴ければ一目瞭然)

日本の『食料自給率』 ・・・ 驚く数字が並んでいます。

そして、その『食料自給率』に見る国内生産者の人員は『10年ひと昔』と言うように減少に歯止めがかかりません。


いま、危機感を感じている『村』は ・・・ 『新規就農者』を募集しています。

農業高校や農業大学校を卒業した人を対象に『一般』からも大丈夫です。

『村役場』と地元農家の方々が一丸となって教えてくれるそうです。


昨日今日、初めて成果が出るというものではありませんが ・・・ 生活に欠かせない『食料』は、いつの時代も重要な『アイテム』です。

きらびやかな都会に染まる前に、出来る事を考えませんか?

『自給自足』は大前提です。


その為に『やらなきゃいけない事』 ・・・ たくさんあります。

『村の復興』が、これからの始まりではないかと考えます。

まず、食べること ・・・ 寝ること ・・・ 最初の一歩です。



私たち『NPO法人日本応援団』は『地域活性化・街づくり』を掲げています。

国内の食糧事情も、省庁に頼らない農業を目指しています。

まだまだ、やるべき事はたくさんありますが『出発地点』を見つけたところです。



基本的に前述していますが『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る
村として情報をお届け頂ければ掲載させて戴きたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 
『ポチッ!』っと押していただければ励みになります



よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。

『村の復興は自給自足!Vol.1』

第209回目の投稿です。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
      (2019年10月1日統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。

『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にして全国にある『村の活性化』を案内しています。





今回は『村の復興は自給自足!Vol.1』です。

根本的な問題は『依存症』です。

現代社会は便利になった以上に『現実』を知りません。

その最たるものが『食料自給率』です。

毎日食べている『食料』は『近所のスーパー』で買います。

『野菜から肉・調味料』 ・・・ 何でも揃います。


便利な世の中です。

その『便利な世の中』で気づいてない事!

『原材料・原産国』の確認をされた事はありますか?


まずは、その事実を確認してください。

確認が出来たら、『食料事情の問題』が見えます。

その『食料事情』の危機があります。


まずは、その『問題点』を提起します。

その『最初の一歩が自給自足』とは?

具体的には、『依存からの脱出』です。





私たち『NPO法人日本応援団』は『地域活性化・街づくり』を掲げています。

国内の食糧事情も、省庁に頼らない農業を目指しています。

まだまだ、やるべき事はたくさんありますが『出発地点』を見つけたところです。



基本的に前述していますが『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る
村として情報をお届け頂ければ掲載させて戴きたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 
『ポチッ!』っと押していただければ励みになります



よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。

『村の復興は誰の手で!Vol.5』

第208回目の投稿です。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
      (2019年10月1日統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。

『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にして全国にある『村の活性化』を案内しています。





今回も『村の復興は誰の手で!Vol.5』です。

先日、『高知県馬路村』から『こうほう馬路村』が届きました。

『馬路村 特別村民広報誌 う ま じ』 第12号令和元年発行

高知県馬路村は高知県の東の山の中 ・・・ 村民:864人の村

そして、特別村民に登録している村外村民は11.572人との事


全国にある『183の村』の中で『人口順』で数えれば、『159番目』

高知県の中でも『2番目』に少ない村ですが市町村合併には反対

村民の自立意識が『村を象徴』している ・・・ なので応援したいと


『馬路村特別村民』になると特別村民用の『住民カード』が届きます

村の案内を書いた広報が届きます ・・・ 『村の特産品』の販売も

『ごっくん馬路村』 ・・・ 馬路村特産の『柚子』の飲み物です ・・・


今回は『馬路村特別村民大交流会in東京』という事での案内でした

まずは『馬路村』を知ってください ・・・ そして特別村民に登録を!

入会金・年会費 ・・・ いりません ・・・ 村の存続の為にご協力を






私たち『NPO法人日本応援団』は、『地域活性化・街づくり』を掲げています。

国内の食糧事情も、省庁に頼らない農業を目指しています。

まだまだ、やるべき事はたくさんありますが『出発地点』を見つけたところです。



基本的に前述していますが『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る
村として情報をお届け頂ければ掲載させて戴きたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 
『ポチッ!』っと押していただければ励みになります



よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。

『村の復興は誰の手で!Vol.3』

第207回目の投稿です。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
      (2019年10月1日統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。

『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にして全国にある『村の活性化』を案内しています。





今回は『村の復興は誰の手で!Vol.4』です。

いま『日本の伝統芸能』が消滅の危機にあります。

日本の『食生活の危機』でもあります。

世の中は『人工知能』の出現によって変わっています。

大きな流れに『変化』をしているのは社会の全て。

特に『食生活』については『国内自給率30%』とか!

『大量消費』の裏側では食べ残し廃棄があります。

それこそ『身の丈の食事』が出来ない現状

それは全てにおいて『コスト』に繁栄されます。

『自業自得の論理』と言ってもいいでしょう!


いま現状、存続の危機にある『群馬県南牧村』

主要産業であった『蒟蒻』の衰退

『20、000人』程居た村人も、いまや『2、000人』程に

地形の関係で農業改革も進展せず、空き家が

空き家になると『朽ち果てるのも時間の問題』

そこに、村全体の苦悩があります。


『空き家対策』として、『移住・定住』の促進

とは言っても、地場産業が『出稼ぎ』となり

『そこに住む』という必要性がありません。


そこで『提案』です。

前述の検証をすれば『農業用地の復活』

見放された『蒟蒻生産』への復活の提案


それに関する『アイデア』を纏めています。

今後、『群馬県南牧村の復活』は ・・・


まずは、知っていただく事!

そして『魅力を見つけていただく事』

興味のある方は、担当者を紹介いたします。





私たち『NPO法人日本応援団』は、『地域活性化・街づくり』を掲げています。

国内の食糧事情も、省庁に頼らない農業を目指しています。

まだまだ、やるべき事はたくさんありますが『出発地点』を見つけたところです。



基本的に前述していますが『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る
村として情報をお届け頂ければ掲載させて戴きたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 
『ポチッ!』っと押していただければ励みになります



よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。
プロフィール

nippon47ouendan

Author:nippon47ouendan
『NPO法人日本応援団』のブログへようこそ!
大それた名前ですが、『村祭り』を紹介し『地域活性化』に貢献できればと名付けました。」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR