でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第七十七回目の投稿です。


一昨年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『25ヶ月』に入りました。



全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
                               (2016年10月統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載された『日本の村の人口順位』からのものです。




2016.9. 9に(No.46:岡山県:新庄村)地域の紹介を掲載して、次に(No.51)山梨県丹波山村・(No.56)高知県馬路村・(No.57)長野県王滝村・(No.58)高知県大川村・(No.59)東京都青ヶ島村(No.60)・沖縄県渡名喜村・(No.61)長野県売木村・(No.62)奈良県上北山村.・(No.63)和歌山県北山村・(No.64)北海道音威子府村・(No.65)山梨県小菅村・(No.66)長野県根羽村・(No.67)長野県平谷村・(No.68)奈良県下北山村・(No.69)熊本県五木村・(No.70)奈良県野迫川村・(No.71)北海道神恵内村(No.72)・山梨県道志村・(No.73)奈良県黒滝村・(No.74)長野県南相木村・(No.75)愛知県豊根村そして『(No.76)神奈川県清川村』を紹介させていただきました。

(前述、村のホームページは上記『日本の村の人口順位』で探して下さい)






そして、今回は『村人:1,000人以下』の島しょ部の『村』を紹介します。

南の国:沖縄では『粟国村(あぐにそん)』 ・・・ 那覇から北西約60Kmにある『粟国島』 ・・・ 人口:734人(2017年5月1日推計)

交通手段は那覇泊港から毎日出航(一日一往復) ・・・ 約2時間10分の船旅です。
(別途、自家用車も運び込む事ができます。)

約2時間10分の船旅は、美しいサンゴの海を見ながらの潮風に吹かれながらの、のんびりした時間です。

沖縄本島から離れ、日々の雑踏のざわめきから離れてみるのも『時間を取り戻す』いい機会です。

時間があれば『ダイビング』も絶好の場所でもあります。



次も、沖縄県:座間味村(ざまみそん) ・・・ 推計時人口:883人(2017年5月1日現在)

交通手段は那覇泊港から『高速船(約50分)』または『フェリー(約2時間)』 ・・・ 『乗船券は約1,000円』くらいの差です。

沖縄の海は、何処へ行ってもグリーンエメラルドの透き通った中で太陽を浴びることが出来ます。

そんな中で、『シュノーケリング』は誰でもできる『熱帯魚とのふれあい』 ・・・ 思い出のひとつにどうぞ!



次また沖縄 ・・・ 渡嘉敷村(とかしきそん) ・・・ 沖縄本島から西方約40Km、慶良間諸島のほぼ東半分を占める『10余りの島の総称』

交通手段は那覇泊港から『高速船(約35分)』または『フェリー(約1時間10分)』 で、到着します。
こちらも乗船券は約1,000円位の差額です。

やはり、渡嘉敷まできたら『ホエールウォッチング』 ・・・ 豪快な『鯨』の群れを見てみたいものです。

島内にも楽しめる『アクティビティ』がたくさんあります。

日常を飛び出すには、非日常の光景を感じたいものです。





そして,続くのは沖縄県:北大東村(きただいとうそん) ・・・ 村民は具体的な記載が無いので『推計人口:601人(2017年5月1日現在)』と思われます。

交通手段は『一日一便の飛行機(約1時間10分)』もしくは『那覇-北大東間(片道およそ14時間)のフェリー』があります。

北大東島は周囲13.52kmと観光スポットが点在し、徒歩で回っても見るだけなら1日あれば、気に入ったスポットを見つけられるでしょう。(リンクを貼りました。)

また、島を一周する遊覧船は、ぜひ乗っていただきたい『思い出に残るアイテム』となるでしょう。



今回は、沖縄の島しょ部について取り上げてみました。

なかなか、島については ・・・ 特に沖縄の島については『観光・レジャー』が前面に出てしまうので『移住案内』をするのにも『仕事』自体が感嘆には提案できないので『島にも仕事はありますよ』程度の案内になってしまいました。

次回も本土近辺の『島しょ部』を案内したいと思います。








『NPO法人日本応援団』は、『村の活性化』を前提とした情報を拡散しています。



最終的には、『村に住む』という事を前提に納得できる『村』を見つけていただく事が大事な事だと思います。

ちなみに参考にして欲しいかなという事で紹介します。


『 小さな村に移住した』を書かれている『はるさん』のブログです。

『移住』をする事によって、さまざまな問題が発生するという内容もさることながら ・・・ 非常に参考になると思いますので、憬れだけでは暮らしてはいけません。

そんな事が『悪戦苦闘』 ・・・ 参考になると思います。






いつものように、引き続きのお願いです。

今まで通り、お伝えしたい近所の『村祭り』などの情報がありましたら、ご一報ください。

当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を ・・・ 『ポチッ!』っと、押していただければ励みになります。

よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。
スポンサーサイト

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第七十六回目の投稿です。


一昨年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『25ヶ月』に入りました。



全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
                               (2016年10月統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載された『日本の村の人口順位』からのものです。




2016.9. 9に(No.46:岡山県:新庄村)地域の紹介を掲載して、次に(No.51)山梨県丹波山村・(No.56)高知県馬路村・(No.57)長野県王滝村・(No.58)高知県大川村・(No.59)東京都青ヶ島村(No.60)・沖縄県渡名喜村・(No.61)長野県売木村・(No.62)奈良県上北山村.・(No.63)和歌山県北山村・(No.64)北海道音威子府村・(No.65)山梨県小菅村・(No.66)長野県根羽村・(No.67)長野県平谷村・(No.68)奈良県下北山村・(No.69)熊本県五木村・(No.70)奈良県野迫川村・(No.71)北海道神恵内村(No.72)・山梨県道志村・(No.73)奈良県黒滝村・(No.74)長野県南相木村そして『(No.5475)愛知県豊根村』を紹介させていただきました。
(前述、村のホームページは上記『日本の村の人口順位』で探して下さい)






そして、今回は ・・・ 神奈川県、唯一の村 ・・・ 『清川村』を紹介します。

地理的位置は、相模原市・厚木市の北西方向 ・・・ 宮ヶ瀬ダムが建設される事になり大部分が水没した地域ですが、その『宮ヶ瀬ダム』が観光地として村に観光客を集めている。

村の人口は『2,996人(2017年5月31日現在)』 ・・・ 『1,251世帯』となっています。

この村も、他聞にもれず『村民の減少』は、緩やかにではありますが、『2017年5月1日現在:法定人口・3、206人』ですが ・・・ 『同年5月31日現在:2、996人』と『約200人』が統計から減っています。

『清川村』は、山の中にありますが ・・・ 『村』というより『街』の雰囲気が強いのでしょうか ・・・ 想像に思い当たる『村』とは違いますが ・・・ ただ、首都圏に近いというだけで、どちらかというと『ベッドタウン』の様相かと思います。

『村』としての『イベント』は『宮ケ瀬ダム』を起点としたものが多いのでしょうか ・・・ 『移住・定住促進』には、力を入れているようですが ・・・ !



また、最近の事ですが清川村に限らず『地域おこし協力隊』等の募集が、各村で始まっています。

いきなり『村への移住』は、無鉄砲に荒海に身を投げだすようなものですが『地域おこし協力隊』等の募集で行くようになった際は『給料を貰えて、かつ地域を知ることが出来、活性化に協力が出来る』という、3拍子揃った活躍の場があります。

『都会の喧騒』を離れて、自分の活躍できる場所を見つけることも『一石二鳥』の良い機会かなと思います。

今後は、そのような情報をお届けしていきたいと思います。


ご覧いただいている『可能性』を感じている方々に『地域活性化』の『ヒーロー』になっていただければ ・・・ と思います。







『NPO法人日本応援団』は、『村の活性化』を前提とした情報を拡散しています。



最終的には、『村に住む』という事を前提に納得できる『村』を見つけていただく事が大事な事だと思います。

ちなみに参考にして欲しいかなという事で紹介します。


『 小さな村に移住した』を書かれている『はるさん』のブログです。

『移住』をする事によって、さまざまな問題が発生するという内容もさることながら ・・・ 非常に参考になると思いますので、憬れだけでは暮らしてはいけません。

そんな事が『悪戦苦闘』 ・・・ 参考になると思います。






いつものように、引き続きのお願いです。

今まで通り、お伝えしたい近所の『村祭り』などの情報がありましたら、ご一報ください。

当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を ・・・ 『ポチッ!』っと、押していただければ励みになります。

よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第七十五回目の投稿です。


一昨年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『24ヶ月』が過ぎました。



全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
                               (2016年10月統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載された『日本の村の人口順位』からのものです。




2016.9. 9に(No.46:岡山県:新庄村)地域の紹介を掲載して、次に(No.51)山梨県丹波山村・(No.56)高知県馬路村・(No.57)長野県王滝村・(No.58)高知県大川村・(No.59)東京都青ヶ島村(No.60)・沖縄県渡名喜村・(No.61)長野県売木村・(No.62)奈良県上北山村.・(No.63)和歌山県北山村・(No.64)北海道音威子府村・(No.65)山梨県小菅村・(No.66)長野県根羽村・(No.67)長野県平谷村・(No.68)奈良県下北山村・(No.69)熊本県五木村・(No.70)奈良県野迫川村・(No.71)北海道神恵内村(No.72)・山梨県道志村・(No.73)奈良県黒滝村そして『(No.74)長野県南相木村』を紹介させていただきました。
(前述、村のホームページは上記『日本の村の人口順位』で探して下さい)






そして、今回は ・・・ 愛知県で最も人口の少ない自治体といわれる県内で2つしかない『村』の一つ ・・・ 『愛知県豊根村』を紹介します。


地理的位置は、愛知県で最も標高の高い『茶臼山』があり、その北へ行くと長野県に隣接しています。


人口は、1970年(3、865人)から減少を続け平成29年2月28日現在『1、172人』の村人となりました。


『豊根村』を簡単に知るにはホームページから『グルっとパノラマ豊根村マップ』←をクリックしてください。


『豊根村』を知るには『1月・8月・11月』に行われる『お祭り』を見に行ってください。(←リンクを貼りました。)


また、『豊根村』では ・・・ あの『チョウザメ』の養殖を進めているという事です。

そして、その『チョウザメ』が ・・・ 食べられるようになったという事です。


そんな『豊根村』へのアクセスルートは『マイカールート』で確認ください。(リンクが貼ってあります。)










『NPO法人日本応援団』は、『村の活性化』を前提とした情報を拡散しています。



最終的には、『村に住む』という事を前提に納得できる『村』を見つけていただく事が大事な事だと思います。

ちなみに参考にして欲しいかなという事で紹介します。


『 小さな村に移住した』を書かれている『はるさん』のブログです。

『移住』をする事によって、さまざまな問題が発生するという内容もさることながら ・・・ 非常に参考になると思いますので、憬れだけでは暮らしてはいけません。

そんな事が『悪戦苦闘』 ・・・ 参考になると思います。






いつものように、引き続きのお願いです。

今まで通り、お伝えしたい近所の『村祭り』などの情報がありましたら、ご一報ください。

当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を ・・・ 『ポチッ!』っと、押していただければ励みになります。

よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第七十四回目の投稿です。


一昨年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『24ヶ月』を迎えます。



全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
                               (2016年10月統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載された『日本の村の人口順位』からのものです。




2016.9. 9に(岡山県:新庄村)地域の紹介を掲載して、次に山梨県丹波山村・高知県馬路村・長野県王滝村・高知県大川村・東京都青ヶ島村・沖縄県渡名喜村・長野県売木村・奈良県上北山村.・和歌山県北山村・北海道音威子府村・山梨県小菅村・長野県根羽村・奈良県下北山村・熊本県五木村・奈良県野迫川村・北海道神恵内村・山梨県道志村そして『奈良県黒滝村』を紹介させていただきました。
(前述、村のホームページは上記『日本の村の人口順位』で探して下さい)






そして、今回は『村人:1000人』を割り込んでしまった ・・・  『長野県南相木村』を紹介します。

地理的位置は長野県の東南にあり、標高は1,100m~1,150mの山間部の村です。

春夏秋冬 ・・・ 四季折々の山間の様相は朝夕にさまざまな景色を見せてくれます。

暮らしに関しては、夏の暑さと冬の厳しい寒さ ・・・ 見上げる夜空の『瞬き』に、癒しの空間が広がります。

また ・・・  『村の保育所』は、それこそ大自然の中で『のびのび』大きく育つ事でしょう。

村では、『新規就農相談』を実施しています。
 
農業で暮らしを設計し、充実した『田舎暮らし』を希望される方 ・・・ 安心して提供できる野菜など生産して生計を立てたい方 ・・・ もらの活性化に尽力していただける方 ・・・ 喜んで、お手伝いをするそうです。

お気軽に、ご相談ください。


そんな『南相木村』を知るには寄ってみるという事が、手っ取り早い方法でしょう。

『南相木村の観光』 ・・・ クリックすると『ページ』に飛びます。


これから、夏に向けて『満天の星空の下』 ・・・ 見上げて『流れ星』を数えてみるのも、宇宙を身近に感じるポイントかも!

うまくいけば ・・・ 『宇宙船』も飛んでいるところを見る事が出来るかも ・・・ !









『NPO法人日本応援団』は、『村の活性化』を前提とした情報を拡散しています。



最終的には、『村に住む』という事を前提に納得できる『村』を見つけていただく事が大事な事だと思います。

ちなみに参考にして欲しいかなという事で紹介します。


『小さな村に移住した』を書かれている『はるさん』のブログです。

『移住』をする事によって、さまざまな問題が発生するという内容もさることながら ・・・ 非常に参考になると思いますので、憬れだけでは暮らしてはいけません。

そんな事が『悪戦苦闘』 ・・・ 参考になると思います。






いつものように、引き続きのお願いです。

今まで通り、お伝えしたい近所の『村祭り』などの情報がありましたら、ご一報ください。

当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を ・・・ 『ポチッ!』っと、押していただければ励みになります。

よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。

でぃすかば~ぁ ・・・ じゃぱん

第七十三回目の投稿です。


一昨年、6月に認可を取得しました『NPO法人日本応援団』です ・・・ 名前は、夢も大きく『希望』も込めて ・・・ !

ホームページを6月10日に公開し『23ヶ月』になります。



全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,227人』から、村人『189人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
                               (2016年10月統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載された『日本の村の人口順位』からのものです。




2016.9. 9に(岡山県:新庄村)地域の紹介を掲載して、次に山梨県丹波山村・高知県馬路村・長野県王滝村・高知県大川村・東京都青ヶ島村・沖縄県渡名喜村・長野県売木村・奈良県上北山村.・和歌山県北山村・北海道音威子府村・山梨県小菅村・長野県根羽村・奈良県下北山村・熊本県五木村・奈良県野迫川村・北海道神恵内村そして『山梨県道志村』を紹介させていただきました。
(前述、村のホームページは上記『日本の村の人口順位』で探して下さい)






そして、今回は村人『法定人口:841人(2016年10月1日時点)』から『660人(2017年4月1日現在)』となっている『奈良県黒滝村』を紹介します。


地理的位置は奈良県の中央部、周りを山に囲まれた村の中央部は渓谷の斜面が少し開けた川沿いにあります。

その真ん中にある黒滝村は『奈良のへそ』とも呼ばれています。


渓谷沿いにあるために、『仕事は?』と聞かれるなら ・・・ 『林業』と返ってくるでしょう!

そして『5月15日付』 ・・・ 『地域おこし協力隊』の隊員を募集しています。

募集人員は『1名』ですが ・・・ 業務内容により、『村おこし』に名乗り出るのも『最初の一歩』かもしれない。


土地柄的に『24時間、戦えなければ ・・・ !』 ・・・ 自分の聖地を開拓するのも冒険かなとは思いますが!

また、これから夏に向けて幻想的な夏の風物詩『ホタルが見られる黒滝物語村』 ・・・ まずは『クリック』してご覧ください。

『黒滝吊り橋』を渡って、ホタルとともに幻想的な時間を、お楽しみください。









『NPO法人日本応援団』は、『村の活性化』を前提とした情報を拡散しています。



最終的には、『村に住む』という事を前提に納得できる『村』を見つけていただく事が大事な事だと思います。

ちなみに参考にして欲しいかなという事で紹介します。


『小さな村に移住した』を書かれている『はるさん』のブログです。

『移住』をする事によって、さまざまな問題が発生するという内容もさることながら ・・・ 非常に参考になると思いますので、憬れだけでは暮らしてはいけません。

そんな事が『悪戦苦闘』 ・・・ 参考になると思います。






いつものように、引き続きのお願いです。

今まで通り、お伝えしたい近所の『村祭り』などの情報がありましたら、ご一報ください。

当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を ・・・ 『ポチッ!』っと、押していただければ励みになります。

よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。
プロフィール

nippon47ouendan

Author:nippon47ouendan
『NPO法人日本応援団』のブログへようこそ!
大それた名前ですが、『村祭り』を紹介し『地域活性化』に貢献できればと名付けました。」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR