FC2ブログ

『そうだ!ふるさと納税も協力を!Vol.1』

第184回目の投稿です。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
      (2019年 6月1日統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。

『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にして全国にある『村の活性化』を案内しています。





『そうだ!ふるさと納税も協力を!Vol.2』 ・・・ 


このところ、『ふるさと納税』の返礼品が『地場産業』の掘り起しにならないと話題になっていましたが

 ・・・ 『地方再生』を真面目に考えている『村』では、その『本来の目的』である地元の生産物を『返礼品』としてお届けしています。

『地域再生』も、ままならない状態ですが『移住・定住』を促進するためにも、『村を知っていただく』という『本来の意図するふるさと創生』に真剣に取り組んでいます。



『ふるさと納税』と言っても、『返礼品』に期待をする事が出来ない『村』も、在ります。

ただただ、地道に実直に『村の発展』の為に努力をし ・・・ それでも『認知され無い村』があります。

『村人の少ない自治体』では、『特別村民』という形で募集をしています。


『減税対象』になる『ふるさと納税』 ・・・ 『特別村民制度』は、村を存続させて行くための知恵でした。

『特別村民』になるための『入会金・年会費』は『村の発展』の原資となります。

今回は、その『特別村民制度』をご紹介します。


最初に、紹介するのは『岡山県新庄村』です。

村人は『866人』 ・・・ 岡山県で最少人数の自治体です。

『村名』をクリックして確認ください。


次に紹介するのは、何度も取り上げています『高知県馬路村』です。

村人は『762人』 ・・・ 村人は大川村に次いで『2番目に少ない村』です。


次は長野県から『小川村』です。

村人は『2、380人』 ・・・ 取り上げる中で最も多い!

が ・・・ 『高齢者の村』でもあります。


そして、今回最後は『群馬県上野村』

あの『1985年の飛行機事故』で知れ渡ったが!

村人は『1,095人』です。




『NPO法人日本応援団』としては、『村祭りの復興』を願い『過疎地・限界集落・高齢者問題』を提案し、情報を発信していくという事に専念しています。


基本的に前述していますが当、『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ : 地方創生
ジャンル : 地域情報

『そうだ!ふるさと納税も協力を!Vol.1』

第183回目の投稿です。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
          (2018年10月1日統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。

『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にして全国にある『村の活性化』を案内しています。





『そうだ!ふるさと納税も協力を!Vol.1』 ・・・ 




このところ、『ふるさと納税』の返礼品が『地場産業』の掘り起しにならないと話題になっていましたが ・・・ 『地方再生』を真面目に考えている『村』では、その『本来の目的』である地元の生産物を『返礼品』としてお届けしています。

『地域再生』も、ままならない状態ですが『移住・定住』を促進するためにも、『村を知っていただく』という『本来の意図するふるさと創生』に真剣に取り組んでいます。

最初に、お届けするのは ・・・ 高知県で一番村人の少ない『大川村』

大川村の『返礼品』は ・・・ 『土佐はちきん地鶏』から ・・・ いろいろ

文字色をクリックして、ご覧ください。


そして次は、奈良県上北山村 ・・・ 『返礼品リスト』☜クリック!


山梨県からは『丹波山村』 ・・・ は、お問い合わせを


奈良県黒滝村では、『村の特産』が ・・・ 


高知県の『馬路村』では、特産の『柚子の製品』がお届けされます。





『NPO法人日本応援団』としては、『村祭りの復興』を願い『過疎地・限界集落・高齢者問題』を提案し、情報を発信していくという事に専念しています。


基本的に前述していますが当、『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。

『そうだ!働き方改革だ!Vol.10』

第182回目の投稿です。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
          (2018年10月1日統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。

『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にして全国にある『村の活性化』を案内しています。


前回に書きましたが『食の安全』は、日本に暮らすだけの人の問題ではありません。

世界的に『貧富の差』が問題となっているのです。


『そうだ!働き方改革だ!Vol.10』 ・・・ 



先日、小耳にはさんだ話では『輸入品目』で提供している『食堂(あえて)』があります。

『国産米』を使った『食堂(あえて)』があります。

価格的に優劣をつけるなら『輸入品目』で作った料理の方が『安い!』

当然、選択肢は『安い価格』に魅力を感じる訳ですが 

・・・ 『貧富の差』と言ってしまえば『身も蓋もない』


こうなると世の中の動向はどうなるのでしょうか?

国内で生産する『国内産』の食料は、生産者がいなくなり『食料コントロール』が輸入に依存してしまうという現象が起きてしまいます。

この問題は、日本の将来を見据えた時 ・・・ 取り返しのつかない『生存の問題』ともなります。


『食の安全』も、輸入品目にコントロールされてしまいます。

そうなった時 ・・・ 『食の安全』は守れるのでしょうか?


私たちは、『生きるという基本』を考えました。

『生きるために働くのか?』

『働くために生きるのか?』


『あなたの、生きる目的は ・・・ なんですか?』


私たちは考えました。

その結論は『原因と結果の法則』で答えが出ます。

あえて、意識誘導や情報操作を促しません。

『あなたの生きる目的は ・・・ なんですか?』

気がつくのが早ければ早いほど、自分の人生を生きるという事になります。

『誰かの為、では無く誰のために働くか?』

もちろん、『生きるために働く』のですから ・・・自分の為でもあります。


では、『誰のために働くのか?』 ・・・ となると、答えは人それぞれに違っています。

どんな答えであっても ・・・ それはすべて『正解』です。

『生きる』という事においては、どんな答えでも『正解』となります。


ただ ・・・ 目的を考えた時、何処に展開をするか ・・・ 大きく変わってきます。


『誰のために働くか? ・・・ 誰かのために働くか?』


『価値観』は、人それぞれに違いますが ・・・ 一貫するものが有ります。


私たちは『NPO法人日本応援団』です。

『村』という、小さな社会で大きな希望を現実にしようと目論んでいます。

『あなたの、生きる目的』が ・・・ 感じられるとしたら実現してみませんか?






『NPO法人日本応援団』としては、『村祭りの復興』を願い『過疎地・限界集落・高齢者問題』を提案し、情報を発信していくという事に専念しています。


基本的に前述していますが当、『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。

『そうだ!働き方改革だ!Vol.9』

第181回目の投稿です。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
          (2018年10月1日統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。

『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。

『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にして全国にある『村の活性化』を案内しています。




2015年6月に『NPO法人日本応援団』の認可を取得し、全国の過疎化が深刻になっている『村の活性化』に取り組んできました。

村という地域を知っていただくために『村祭り』にスポットを当て報告をしてきました。

元号が変わる今年には『村』も大きな変化が、あるようです。





そこで、いま世の中で問題視されている事象を考えてみました!

『そうだ!働き方改革だ!Vol.9』 ・・・ 

いまこそ、『働き方改革』に自分の可能性を掛ける時だ!


『TPP』という世界をまきこんだ『流通改革』

それによって損なわれる『日本の食糧問題』

『食の安全』を唱えてきた『安全神話』が揺るぎだしているという事実!

『日本の食糧自給率』 ・・・ 
      約40%(農林水産省の調査より)

『輸入品目』については ・・・ 
      『60%以上』という報告があります。


そして ・・・ 『食の安全』については厳しく審査をされていますが ・・・ !

この驚くべき『国内自給率』について ・・・ 考えてみました。

世界的に比較をしてみるとカナダからアメリカまでの『4か国』が『100%越え』

日本は『13番目』(出典:農林水産省「世界の食料自給率」より)

韓国と同等の『食料輸入国』出もあります。

その輸入先を見てみると ・・・ 『アメリカ』に依存をしている状態


そして、今提案をしたいのは『後継者不足の日本の農業』

特に、『1,000人以下の村』では、農地も家屋も荒れ放題(語弊はありますが!)

今後の未来に向かって考えられること ・・・ 自給自足が『食の安全』の道標


『日本独自の雇用形態』が崩壊した時 ・・・ 

『食料自給率』を考えた時 ・・・ 

自分の身は自分で守る ・・・ 
             家族も守る『食の安全』


高知県の大川村を始め ・・・ 群馬県の南牧村 ・・・ 等々!

消滅の危機になる『限界集落の村』 ・・・ 
                守れるのは誰か?

『高齢になってからの移住』 ・・・ それこそ、荒海に身を投げだすようなものです。

村が求めるのは『若い力』ですが ・・・ 村の活性化のためには『老若男女』 ・・・ 問わない村もあります。

『村を守る』 ・・・ その使命を持って『村への移住』を提案します。






『NPO法人日本応援団』としては、『村祭りの復興』を願い『過疎地・限界集落・高齢者問題』を提案し、情報を発信していくという事に専念しています。


基本的に前述していますが当、『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。

『そうだ!働き方改革だ!Vol.8』

第180回目の投稿です。

全国にある『村』は、資料によると一番人口の多い沖縄県読谷村『39,504人』から、村人『178人』の東京都青ヶ島村まで『183村』が認定されているとの事です。
          (2018年10月1日統計・他有)

ちなみに、この統計は『ウィキペディア』に掲載されている『日本の村の人口順位』から取り上げたものです。

福島県の『飯舘村と葛尾村』は、東日本大震災の『原発事故』の影響により除外をさせていただきます。




『赤字』になっている部分は『リンク』が貼ってあります。
『クリック』して確認してください。

『NPO法人日本応援団』は、埼玉県所沢市を本拠地にして全国にある『村の活性化』を案内しています。




2015年6月に『NPO法人日本応援団』の認可を取得し、全国の過疎化が深刻になっている『村の活性化』に取り組んできました。

村という地域を知っていただくために『村祭り』にスポットを当て報告をしてきました。

元号が変わる今年には『村』も大きな変化が、あるようです。





そこで、ひたすら考えました!

『そうだ!働き方改革だ!Vol.8』 ・・・ いまこそ、『働き方改革』に自分の可能性を掛ける時だ!


という訳で、今回もひきつづき提案をさせていただくのは、またまたまたまた『手に職』です。


今回は何度も書いている提案ですが、当『NPO法人日本応援団』では『移住計画』を、とある村に画策しています。

全国にある『村』の中でも関東:東京圏に近い村との『コラボ』fです。


と言っても、今現在は『計画書作成』の状態で、募集をするまでにはなっていませんが ・・・ まずは、『計画書』を練って可能性を第三者機関に提案する状況です。

ほとんど『無謀』という域を脱してはいませんが ・・・ 近い将来を考えた時、夢は現実となるはずです。


『金も力も権力も無ければ、知恵を絞るだけです。』

今後、10年以内に起こる現実は ・・・ 今の政権の動向によって大切なものは何か ・・・ 解かるでしょう!

それは時代の流れの中で、民間人にとっては『生き残る時代』を画策せよという事でしょうか?


『NPO法人日本応援団』は、様々な情報から『ある結論』を導きだしています。

詳しくは書けませんが、『10年後を見据えた施策』です。

内容は『バカげた話』と思われるでしょうが、私たちは真剣です。


その一つ ・・・ 政府の言う『働き方改革』です。

私たちは、『食の安全』を多方面から考え結論を出しました。

その結論に沿って考えられること ・・・ 最初の一歩です。


まずは協力者を増やす事!

お問い合わせを戴ければ『計画書』を、お届けします。

『天衣無縫な夢物語』です。

お届けするのは『最初の一歩』の部分です。

お読みいただき、賛同して戴ければ詳細にわたって条件提示をさせていただきます。



『NPO法人日本応援団』としては、『村祭りの復興』を願い『過疎地・限界集落・高齢者問題』を提案し、情報を発信していくという事に専念しています。


基本的に前述していますが当、『NPO法人日本応援団』は埼玉県所沢市に本拠地がある為、全国の村の情報を訪問して掲載することが適いません。

『1、000人以下の村』を、わが村・知り合いの居る村として情報を
お届けいただければ掲載させていただきたいと思います。

是非ご協力を、お願いします。



当ブログに、お立ち寄りの際は『拍手』の欄を・・・ 『ポチッ!』
っと、押していただければ励みになります。


よろしくお願いします。

長々と、お読みいただきありがとうございます。
プロフィール

nippon47ouendan

Author:nippon47ouendan
『NPO法人日本応援団』のブログへようこそ!
大それた名前ですが、『村祭り』を紹介し『地域活性化』に貢献できればと名付けました。」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR